【偽鮭】本物の鮭ではない外食の色々な鮭 なんちゃってサーモン

スポンサード リンク

外食の色々な鮭・サーモンとして売られている物の実態がなんちゃってサーモンであって、鮭ではない問題について。学名的に「鮭」ではない、偽物サーモンが販売されている日本の海鮮の実態について紹介します。

鮭

鮭は川で生まれて海に下って生育し川に戻ってくる魚だ。
サケ科の中には淡水だけで生涯を終える品種と河と海で過ごす二種類が存在している。
「陸封型」と、川から海に下る「降海型」

スポンサード リンク

銀鮭

スーパーで購入した銀鮭

スーパーで購入した銀鮭

皮は背側が黒っぽく腹側は銀色。『紅鮭』時期によって腹側に赤っぽい色になってるものもある。

スーパーで年中通して販売されている銀鮭はチリ産など輸入ものが主流。
日本だと川から海に行き、皮に戻ってくる鮭であるシロザケが主流。多く流通している銀鮭は殆どが輸入物で海洋で過ごすものが多い。

シロザケはアニサキスがいるため生食は不適切。
銀鮭は養殖+輸入が冷凍なので物によりけり。

サケ、シャケ(鮭・サーモン)の栄養成分とカロリー・糖質・旬など|魚介類

外食の偽サーモン

外食チェーン店やコンビニなどで鮭として販売されている物の実態の殆どはサーモントラウトと表記しているニジマスです。
トラウトサーモン又は、トラウト(標準和名:ニジマス)
ニジマスであり鮭ではない。
トラウトはニジマスを海で飼育した品種であり自然界でニジマスは淡水の川だけで過ごす品種。

外食・中食の問題

魚の名称に関しての表示義務として、切り身で販売する場合には、トラウトサーモン(ニジマス)を鮭と表記する事はできないが、外食の調理されて提供されるメニューや、中食などに用いられる「鮭弁当」等においては、トラウトサーモン(ニジマス)を鮭と表記する事は、問題ないとのこと。このあたりでも非常に問題が根深い気がする。ニジマスを鮭といって販売することをこの国は認めている謎。

牛丼チェーン「吉野家」の鮭

また、牛丼チェーン「吉野家」で提供されている「牛鮭定食」には、販売開始以来「サーモントラウト」が使われているが、消費者への案内は特にない。広報担当者に話を聞いたところ、「一般的に海で育てば『サケ』、川で育てば『マス』とされていますので、弊社で使用している海水養殖のサーモントラウトもそれに則って『サケ(鮭)』と表記しています。間違っているという認識はなく、今のところ特に変更する予定もございません」という。とはいえ、仮にガイドライン案どおりとなれば、今後これらの商品は「サーモントラウトにぎり」「牛ニジマス定食」などの表示に変更せざるを得なくなりそうだ。街の弁当屋からも場合によっては「シャケ弁」が消えるかもしれない。

https://www.j-cast.com/2014/01/29195434.html?p=all

吉野家の「鮭」については10年近くも前から散々言われているのに、表記改める気はないらしい。
竹末東京Premium menu限定店の鶏とヤシオマスのつけそば|デリバリー

問題点

ニジマスを海水で育てて、鮭と販売している実態がまかり通っているのは規制が無いことが原因。養殖物は養殖物で魚に与えている餌などが自然界のそれとは異なっていることが疑問視されている懸念が残る。食育の観点からも国民バカにしたいのかなと思えてしまう。
首相官邸『子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう』|自民党政権

消費者

鮭と思ってサーモントラウト(ニジマス)を食べることは致命的な欠陥はないのだろうけど、鮭と思っていた食べ物がニジマスというのはガッカリする現実だと思えるのでした。店舗で提供されている食材が異なるというのは、食育としても疑問視してしまう。

さけ弁当(中辛鮭使用)299円|オーケーの鮭弁当

食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました