北海道産きたあかりの牛肉コロッケ 90円|ローソン

3.0

スポンサード リンク

きたあかりとは北海道で固定品種化され1988年に品種登録されたジャガイモの事。
ほくほくした食感のじゃがいもでポテトサラダなどに向いている。

北海道産きたあかりの牛肉コロッケ

コンビニの揚げ物類は名前も変えつつ年々変化していますが今回は、ローソンの北海道産きたあかりの牛肉コロッケ。何度か買ってみた物の紹介です。
価格は税込み90円

スポンサード リンク

動画

食べた感想

北海道産きたあかりの牛肉コロッケ

ちょっと腹が減っている時に食べるには無難。


味について
北海道産きたあかりの牛肉コロッケの断面
メインである、じゃがいもの印象は冷めていても普通に食べれるおいしさ。
ソース無しでそのまま食べても問題ない。加熱したら多少は脂感が出てくるのかは試していない。
具材
北海道産きたあかりの牛肉コロッケの断面2個
衣の厚みは大して気にならない。2月~3月末までに、3回程度期間を置いて食べてみましたが、具の牛肉感は決して多くはない
付属品
ソースをつけてくれる店員さんと必要かどうかすら尋ねてくれない人がいるのが悩ましい。

今回販売しているローソンの、北海道産きたあかりの牛肉コロッケは特に癖も無く強みがあるようなものでもなく、普通に食べれるコロッケという印象でした。抜きんでて美味しい事は無かった。揚げたてだったらおいしいんでしょうけど作り置きしか見たことが無いので。

おかずコロッケ(北海道コロッケ) ローソン

栄養成分表示

北海道産きたあかりの牛肉コロッケの断面の栄養成分表示と原材料名

栄養成分:1包装あたり

栄養素内容量
エネルギー221kcal
たんぱく質3.4g
脂質15.6g
炭水化物17.0g
食塩相当量0.4g

じゃがいも(ポテト)の栄養成分とカロリー・糖質・旬など|イモ類

北海道産きたあかりの牛肉コロッケ 1個あたり炭水化物17.0gで糖質16.3gは、1個分にしてはやや多いな。ジャガイモとの炭水化物が見た目よりも結構パナイ。
芋なだけあって、たんぱく質が3.4gと物足りない。糖質制限的にやはり芋類は避けた方が無難ですね。
北海道産きたあかりの牛肉コロッケよりも「旨みあふれる牛肉メンチ」のたんぱく質6.2g、糖質10.7g が良いかな。
たんぱく質の1日に必要な量の紹介|中年太り解消や、筋トレの基礎知識
相変わらずローソンは添加物が多い。外食やコンビニ食品とかばかり食べていると数十年後にどんな弊害が出るのやら。ローソンは食品添加物まみれという結果。

公式サイト

北海道産きたあかりの牛肉コロッケ

https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1447913_1996.html

外国産のアサリをを熊本県産として販売|輸入物の貝類の危険性について
糖質制限 は「老けない」。『老ける』というのは間違った食事

食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました