skype charge
skype charge

skypeの料金は基本的には無料で使えるツールである。

しかし一部有料な機能があるが、これらはあまり日本国内では普及しているようには感じられない。

スポンサード リンク

skypeの料金の仕組み

skypeの料金が掛かるサービス。

skypeの広告
skypeの広告

世界中の電話にかけ放題とか記載しておきながら国によって価格が違ったり条件がことなるということでリンク先も理解にくい内容になっている。

ひとまず概要を説明すると、

固定電話や携帯電話の電話番号に発信する機能がある。これらは通話料がかかる。
クレジット形式での課金とプリペイド式にチャージする形式と、いまいちピンとこないプランが多様に存在してる感が有る。

skypeの料金プラン
skypeの料金プラン
http://www.skype.com/ja/premium/

しかしながら決算が、ユーロで表示されているので日本円で幾らくらいかかるのか?というのが実に解りにくい。スカイプの日本語サイトで何故かユーロ€形式での表示が散見されるので日本人には普及しない筈だ。

2011年頃にマイクロソフトがスカイプと買収しているのだがあまり改善されることは無い。

マイクロソフトがSkypeの買収を完了 – Microsoft
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4073

しかしながら、スカイプからの通話料金の価格の安さも最近でもNTTコミュニケーションズの050+というサービスやGoogleのGoogle voiceといったサービスも通話料だけで考えると安い為 スカイプが優勢でも無くなってきているのが現状だ。

最近ではスカイプのメッセージは、マイクロソフトが監視していたという事例が発覚しているので、おっかない気もする。どちらにしても、スカイプの通話料金は、国際電話を掛ける人にとっては通話料金がお得な設定なので愛好者は意外と多いのかもしれない。