個人事業主について

個人事業主は自営業者のことを指します。
法人との違いは、法人化していないことが最大の違いです。
個人事業主であれば、届け出だけで済むため費用もかからず、楽に開始することが可能です。

法人なり

自営業でも法人登記すると『法人』になります。
法人の代表でも自営業者ではあります。

法務、税務、労務のクラウドサービス「SHARES」

個人事業主

個人事業主は自宅で営業可能。
事務所などは必須ではない。
開業届を税務署に届け出れば開始できる。
個々人の知識やスキルを500円~で売買できるオンラインマーケット 『ココナラ』

スポンサードリンク

インターネットで一番楽な稼ぎ方の方法は何か

個人事業
文字「インターネットで一番楽な稼ぎ方の方法は何か」

「副業解禁」や働き方改革で今の会社員は生き方の変更が求められている。 インターネットで一番楽な稼ぎ方の方法は何か?ということについて。 副収入が欲しいなら何から始めたらよいのかというと、インターネットでは様々な方法が考えられます

個人事業主を40代から開始するには|独立

個人事業
文字「個人事業主を40代から開始するには」

個人事業主を40代から開始するには 40代にもなると会社組織の派閥争いや役職の椅子を巡って思い通りの人生プランから外れると 転職よりも独立が現実的になる年齢かもしれない。 しかし、転職の成功事例は少ないことが多く若い世代よりも求人の条件と内容がかみ合わない事も多くなる 子育ての年齢も高くなってきていることが予想でき、学費や生活費の面でハイリスクなことは出来ない。

シニアマーケティングとは?

個人事業
文字『シニアマーケティング』

シニアマーケティングとは、シニア市場でビジネスをすること。これは非常にマーケットが大きい市場だと言える。 人口高齢化が加速している世の中。 従来はニッチに考えられていた高齢者をターゲットにするマーケットが広がり始めている […]

雇用は奴隷か

個人事業
1万円札が数枚ある写真

雇用は奴隷かということについて。 正規雇用・非正規雇用が多々取りざたされることも多くなり、 派遣社員に多く見られる非正規雇用の話題は多くなるばかり。 ここにきて正社員の雇用も縮小の一途だが正規雇用もブラック企業の過労実態で様々な問題があることが顕著になってきている。 過労死や精神が病んで自殺するまで働くということは奴隷ではないのか?と思える。

ブログや動画で稼ぐ事と攻略方法

ホームページ 個人事業 動画

ブログや動画で稼ぐ事についての問題点と攻略方法について。 「インターネットで稼ぐぞこらぁ」という手法には、 労働型か、 定期的に何もやらなくても収益が望める手法と分けることができる気がする。 前者はクラウドソーシングなどで仕事を請け負うか、ECサイトで物販型・せどりなどのオークション等。 後者は、基本アフィリエイト型が主流だ。(他にもあるけど割愛)

クラウドファンディングについて

インターネット 個人事業

クラウドファンディングとはインターネット上で 出資者を募る事が出来るサービス。 事業でネタがあっても資金不足で実現できない場合に、 リアルで足を使って出資者を探すことなくWEBだけで募ることが出来るサービス。 不特定多数の人から募ることが出来る為、 人脈やツテが無くても集められる可能性があるという点で画期的ではある。

アフィリエイトとは!?理解した上で、アフィリエイトで稼ぐ方法!

個人事業

もしも本腰で個人事業主や会社として、アフィリエイトで稼きだいということであれば、アフィリエイトについて紹介したい。 アフィリエイトとは、ホームページやブログといったWEBサイトに広告を掲載して クリック数にたいしての報酬率や 売り上げに対して数パーセント貰えるという システムの名称だ。 お利口な人であればこれだけで理解するでしょう。 ただし普通の人はまだ理解できない。

税金について考えてみる

個人事業
日本円 お金

個人事業主の税金について考えたり検索してみたけれどもいまいちピンとこない。 青色申告で基本スタンスはこなそうとは思うのですがいかんせん税務署はめったにいったことがないのでよくわからない。

個人事業主登録してその後

個人事業
セミナーのイメージ図

個人事業主登録してその後口座を作ってみたりしたものの特別、これといって変わった事は無かったわけですが、 1月~11月までに 税務署から2通封書が届いた。 しかしこの内容はというと・・・

コンテンツマーケティング徹底解説

個人事業

コンテンツマーケティングを使って、集客する理由。 ホームページでの集客方法がわからない 検索結果上位にサイトが上がらない。 売り上げが出るユーザーを集めたい 自分のサイトのアクセス解析の見方や分析方法も理解できていない。 […]

個人事業主の動機

個人事業

個人事業主になりたいという動機は何でも構わないと思う。 ラーメン屋だろと雑貨屋だろうと、 店舗や事務所を構えなくとも個人事業主は可能だ。 ひとまず、自営業者になることを頭においていないと、人は簡単に会社に使い捨てにされる […]

ページの先頭へ