サラリーマンが副業するときにお薦めしたい事と、気をつけるべきポイント

この事について紹介する。

スポンサード リンク

副業の種類

  1. アルバイト
  2. 派遣
  3. 在宅ワーク
  4. アフリィリエイト
  • アルバイト
    アルバイトはコンビニバイトや飲食店など短時間からの勤務可能で割と募集している所は多い。
    ただし一定期間働くことが前提とした募集だったりするので、辞めにくいデメリットはあると思う。
  • 派遣
    最近は短期派遣は縮小方向らしいのですがそれでも単発バイトは残るだろうし、休みができたり開いた日があってなにもすることがないのであれば試してみるのはありかもしれない。
    ただしあまり労働内容と賃金にあった内容の仕事でないことが多い
  • 掛け持ちはリスクしかないと思う。

  • 在宅ワークは
    最近ではクラウド型のSOHOサイトが多数ありますが、どれもにたりよったり。
    よほどスキルと運がないといい案件にはありつけない気がします。気長に探すしかないでしょう
  • 個人的には面倒くさそうな案件しかないので見て廻る事があるかないか。
    期待しにくい感じが強い。
    発注するなら選択肢なんだろうけども。
    個々人の知識やスキルを500円~で売買できるオンラインマーケット 『ココナラ』

  • アフリィリエイトは自分の開いた時間にサイト(ブログ)でも作って収益が稼げる。こんな楽な作業は無い。パソコン一つ、スマホ一つあれば作業は可能だ。
    デメリットして稼げる保障はないこと。稼げたとしても稼げるまでには、どうしても時間がかかる。収益の受け取りでも1ヶ月から2ヶ月程度期間があるため。
    サイトを作ったからと言って稼げる保障はどこにもない。
    ただしうまくいけばオイシイものだったりもする。
    サラリーマンが副業の一つとして開始するには最もリスクが少ない仕事だとは思う。
  • ブログ飯が成り立たない理由

アフィリエイトで稼ぐための方法

税金

2つの収入があると確定申告シーズンに頭を抱える事になる。
正社員でアルバイトを兼業すると会社にバレルということがしばしある。
副業で年収20万以下

リスクが無い副業がよい

例えば副業でケガをして本業に差し支えたら眼が照られない事になる。
本来は本業だけで働いて十分な賃金がもらえる形が望ましいのですが、副業を否応に行わないといけなくなったら、数ある選択肢の中からリスクが無いリスクが低いものから選択すべきだとは宣言しておく。
考えなしに、副業に飛びつく事は自分の首を絞めることになる。
私的にも副業や掛け持ちといったものに、あまりよい思い入れが無いため副業選びは慎重になることをお勧めする。