ブログや動画で稼ぐ事についての問題点と攻略方法について。

「インターネットで稼ぐぞこらぁ」という手法には、
労働型か、
定期的に何もやらなくても収益が望める手法と分けることができる気がする。
前者はクラウドソーシングなどで仕事を請け負うか、ECサイトで物販型・せどりなどのオークション等。
後者は、基本アフィリエイト型が主流だ。(他にもあるけど割愛)
インターネットで収益化の手段をとっているにも関わらず労働型になると報われない面が問題点としてある。

スポンサード リンク

ブログや動画で稼ぐには

    youtuberになる

  • ⇒仕事を貰える⇒労働型になる⇒自由ではない
  • 再生回数が爆発的に、定期的・長期的稼げる人はそれでいい。
    ただしMCNっぽい集団に加入して案件もらってもおいしくないとは思う。
    顔出し他やっている人たちが10年後どうなっているかだけが見ものだったりする。

    ブロガーになる

  • ⇒案件がなくなる⇒アド型広告のみ貼り付け⇒報酬率低下
  • ⇒記事案件請け負う⇒労働型
  • ブログ収益化を不労収入とかのたまわる人、
    「頭、大丈夫ですか?」と言いたい。

才能がある人は、ブログだけとか動画だけでも自由に暮らせるレベルでヒットするだろう。
しかし普通の人には無理だ。

凡人の戦い方

凡人は凡人の戦いをしないと無理。
他人の足にしがみついてでものし上ろうとする。
はてぶの互助会だとか、
YouTubeでみられる他チャンネルユーザーとのタイアップ動画などが似たような行為だろう。
外見が好感度抜群で博識でトーク力があって企画力もあるなら、
大した努力なしで動画投稿でくっていけるのでしょうけど凡人には無理である。
凡人が稼ぐ為には相応の戦い方が求められる。

死に物狂いの戦い

底辺は迷走するのがインターネットで稼ぐ事の背景に存在している。
ブラックなSEOノウハウだとか、スパムまがいの行為が根絶されないのは正攻法で稼げない人がそれだけいるからだろう。
それこそフィッシング詐欺に近い行為を行う人が居たり
オレオレ詐欺がいつまでたっても無くならない事と似たようなものだ。
全員が勝てる楽園のような市場は存在していない。
わき道にそれることが是とは言いませんけども。
稼げない人が居るからこそ なんちゃって塾だとか、ブログサロンや各種情報商材が蔓延っているのだから。
稼げない人から巻き上げて稼ぐ人になるのは、悪徳な商売と大差ない。
根本的にはマルチ商法とかにホイホイ引っかかる人の心理と一緒で弱みや欲求を食い物にされて鴨になる。

自慢系投稿に嫉妬している暇はない

良く見かける事例。
月**万PV達成・月収何万円稼ぎました系
この手の記事にいちいち嫉妬していてはいられない。
むしろどういう記事がアクセス集めたのかを分析したほうがいい。
自慢している人がいたらどういう要素でアクセス数やトラフィックが集まったのか?
どこで収益化が為されているのかを徹底的に暴いた方が建設的だ。
本気で稼ごうとしている人は、虎視眈々とコンテンツや、記事に手をいれているのだろう。

稼ぐ為には、個性が必要。

そのブログや、Youtubeチャンネルにしかない個性が必要。
美人であったり可愛いということは凶暴な武器だ。
その上に、トーク力やネタ作りが無いと無理
似たような動画ネタばかりだと、その中で目立つ必要性がある。

ブログでも、同様で
そのサイトにしかない個性や魅力が必要。
無いと有象無象の中で生き残れない。
或いは広く深くコンテンツを作りまくるしかないわけですが企業サイトには資本の前に屈服する。

ただネタとか個性が必要でもメンヘラな要素を武器にしている人は怖いなと思うばかり。
貧乏である事だとか無職であることもそれ自体はマイナスではなくプラスに働くこともあれば、使い方を間違うと危ういことになる。