YouTubeは、アドセンス広告で収益化が可能な動画サイトだ。
最近みかける動画で、子供を使って稼ぐユーチューバーが居ますが、
これって絶対数年持たないコンテンツだと思う理由と危険性について。

ちょっとパパさんママさん危機管理能力足りないんでないのかい?と思うことが多すぎ。
子供使って収益化するのは別に悪い事ではない物の、
その内痛いことになると思うよという問題提起。

スポンサード リンク

通学始めたら痛いことに

小学校に入ったら痛いことになるリスク増加。
そもそも小学生以下はyoutubeの利用は利用規約で禁止されている。
13歳未満はYouTube利用すんなよといった内容が規約に書いていた筈。
子供にYouTube見させている親はどうなのか疑問視する。
しかし利用規約も読まない小中学生なら、YOUTUBEを、見ないとは言えない。

結果として、動画投稿している事実が、ばれたら学校でいじめにあう確率が格段に上がる。
幼稚園児位までならギリギリ可能ではあると考えられるが、
小学生中学年くらいになるとガツンとリスクが高まる。
男の子よりも女の子の方がダメージはでかいと考えられる。
動画消したところでキャプチャ(スクリーンショット)とかで転載されまくるだろうし、
何かしら痕跡はインターネット上に一生残るので、下手に子供の情報をインターネットにアップロードする親の神経は理解できん。
部屋の様子とか、様々な情報が映りこんでいることで第三者によって、特定されかねないリスクもある。

一部で猥褻に近い感じの構図の動画を投稿していたバカ親がいたが、
あれってどうなったんだろう。(該当のチャンネルも忘れましたが…どこぞの掲示板で散々言われてて失笑した記憶が)
当人らには、そういうヤマシイ気持ちはないのだろうけども、
やっている事は子供を撮影対象とした親による動画投稿者らは、裏をかえすと実にエグい。
閲覧者は、投稿者の考えと同じだと受け取らないことは多々ある。結果インターネットでは度々炎上騒動が起きている。
変な意味で拡散されて消すに消せない画像や発言の記録のアーカイブだけがネット上に残ることになる。
親の責任の範疇では、手に負えなくなると想像できる。

10代になるまえの数年間の動画撮影で 数億稼げることが可能ならまだしも、
学校生活やその後の人生に大きな影を残すリスクがあることを把握できていないのだとしたら無謀すぎる。
子供はペットやおもちゃじゃないしその人の人生が今後数十年あるのだから親がどういう考えでかは知らんが、ホイホイ子供の動画を撮影したものを全世界に公開のインターネット上にアップロードするは辞めておいた方がと思う。

テレビなどよりもバックボーンだとか、商業利用に関する法律が曖昧な環境下において、
素人がホイホイつくった子供の動画で収益化することが、どれだけのリスクがあるのかを最初に考えていないと人生を棒に振る人が出てくることは容易に想像できる。

中年のおっさんが自撮り動画投稿しているのと比較しても(←これだと完全に自己責任なので何も問題ない。本人が炎上して**しようとも本人が発端の問題でしかない)、
10代未満の幼児の動画を親が投稿するのとで、は責任の所存といい、実にハードルが高い問題を含んでいる。
一家崩壊のリスクだけでは済まない火種になる可能性もある。

(※制限付きの動画でも流出するリスクは存在しますのでLINE等のメッセンジャーとか、クラウドにアップロードするのもリスクがゼロというわけでは無い。唯一リスクゼロといえば、デジカメのデータなどはフラッシュメモリーから直接読み込みで、LANに接続していないスタンドアローンのPCで管理するのが鉄板ではありますが。)

親の価値観

子供を撮影対象にすることは、まだ発想としてわからなくもないのですが動画作って収益化していることは痛い気がする。

    下手に再生回数多かったり、チャンネル登録者が多いと目立つだろうに。

  • 超ド田舎に住んでいるか、(村八分とか怖いよね。)
  • 海外在住で日本語で配信しているか、(該当の国の治安とか情勢に気をくばらないといけない。そういやシンガポールに居て著作権踏みにじっていていた上場企業の関係者が居てそれも炎上で火がまだ燻っていたよね。)
  • よっほどセキュリティー対策に優れた環境に住んでいるかしないかぎりは、
    妬みやその他でおっかないことになると思う。
  • 撮影している『親』が、普通のサラリーマンだと、子供の動画投稿で収益化とか、まず無理かなと考える。
    (下手にチャンネル登録者数とか増えて、世帯年収がガツンと桁が増えたところで法人なりしても、撮影している親が、裏方ユーチューバー専業になったら目も当てられない末路になる。
    子供が成長したら絶対動画撮影とか拒否るし、反抗期で家庭崩壊。
    ⇒結果、とうちゃん、ままさん収入源ゼロ⇒翌年の税金の為にパートの仕事探しにいかなくっちゃね!)

    一般的に考えても、子供だしてYouTubeで収益化とか怖くてやりたくないわな。

いくら日本が治安がいいからといっても、妬みの怨念は日本人は陰湿なので、ねぇ…
メディア露出する覚悟がある位なら自己責任ですが、ぽっとテレビに出たりした人の末路は・・・。
ひとまず子供が、成人するまで動画投稿は相当制限付きでない限りさせない方がいいし、写さない方がいいと思う。
ましてや親の判断で幼児期の動画ぽんぽんアップロードされていたら爆ぜる。

アンチの存在

認知度が高くなればアンチが発生する。
再生回数が多い⇒収益化している⇒儲けが多いとなると
それだけで妬まれる。
中には毛嫌いしている人が悪評を書き込んだり、様々な中傷が飛び交う可能性もある。
インターネット上ではIPアドレスから個人特定が可能だとは言え、裁判経由して行うには損害賠償と労力考えても見合わないことがザラである。
ネットで活動するには自己責任であれば良いが、子供を使って親がする行為としてはお勧めできるものでは無い。

子供動画アップするくらいなら

正直子供動画投稿したりするくらいな犬とか猫のペット動画のが何倍もマシですわ。
むしろ人を対象に撮影してインターネット上にアップロードするという行為は、
家族であれ、実の子供であれやめておけ
とだけ思う。

自己責任で自分自身の動画を撮影するのはセーフですが、
親が子供の動画を撮影して編集してアップロードする行為が悪い結果を招いたら目も当てられないことになる。
この事は、多分問題視されるのは、数年後からが顕著になると思うので、今は何もとりざたされずに居るのかもしれませんが、絶対に致命的なダメージを追う家族とか出てくると思いますよ。
YoutubeがMCNとかで拡大していく分に質がわるい。

そのアップロードした動画のデータが、今後どうなるのかは予想もしていない怖さが有るので、
本当、人を撮影してアップロードすることは危険だと思う。
絶対に気軽な気持ちで自分の子供の動画だからといって、ホイホイWEBにアップロードしないことをお勧めする。
ローカルエリアのPCとかスマホの動画だけにしておいて身内で楽しんでいろ。
それなら何も問題は起きない。