シニアマーケティングとは、シニア市場でビジネスをすること。これは非常にマーケットが大きい市場だと言える。
人口高齢化が加速している世の中。
従来はニッチに考えられていた高齢者をターゲットにするマーケットが広がり始めている。
他の世代よりも圧倒的な数を締めているため非常に魅力的な層だと言えます。
シニアの定義は、
子育てを終えた50代以上を指すことや
定年退職をする60代を指すことも有ります。

スポンサード リンク

圧倒的な数

シニア層は最も人数が多い世代だ。

  1. 人口の40%が60代
  2. 大人の2人に1人は50代以上、
  3. 40代も加えると大人の10人に8人

日本では圧倒的に高齢者が増えていることが顕著な数字で表れる。
お金を保有している人が高齢であることは明らかな事実で、この層を無視していては商機を逃す。
この中でも団塊世代が大きいターゲット層になるだろう。

情報の差

シニア世代の特徴として吸収する情報の差も存在する。
インターネット機器に触れている比率が少ないのも特徴。
パソコンが普及したのは過去20年程度であり仕事で触れる機会が無かった人は縁が無い人が多くいる。
ガラケーが当たり前だった世代でスマートフォンへの移行に消極的な人も少なくない。
結果情報の摂取が、旧式の紙媒体やテレビといったメディアによる影響が強い。

既存のイメージとのずれ

中高年のイメージを間違えてとらえると失敗する。
退職金でそこそこのお金を持っている高齢者
退職後も働く先を見つけて仕事を続ける人も居る

シニア市場や団塊世代
身雇用が崩れた今会社で働いている人たちは昔の年功序列だったころとは変化してきている。

趣味の多様性

生き方が多様化

アクティブに活動するシニア⇒趣味にお金を使う・
介護やケアが必要な層 ⇒健康志向や消費は消極的
文字『シニアマーケティング』
テレマーケティングの比較・検討ならこちらから