O2Oという単語はオンラインtoオフラインの略称です。
意味はインターネットでオフラインでの行動を促すこと。
インターネットの情報を使うことで、オフラインの購買意欲を促す事を目的とした施策です。

スポンサード リンク

インターネットとオフライン

オンラインで行った対策はオフラインでは目に見てわかりにくく計測しにくい。
インターネット上だけであればアクセス数を調べるアクセス解析を用いれば
閲覧数から購買まで完結すれば 何人中何人が購入しているので解りやすいが、
オフラインで購入や来店などでは繋がりがない為わかりにくい。
これを解決するためには一手間が必要だ。

解決策

クーポンの提示などだ。例えばマクドナルドのクーポンは、モバイルで提示するクーポンが有る。売り上げも クーポン番号でメニューを管理しているので、インターネットのサイト閲覧の効果を図ることが出来る。
他にもこの「動画を見た」と伝えるだけで100円値下げする1000円カットのお店が存在していたりする。

    アプリを作ったりインストールしてもらうのは敷居が高いが、

  • 「スマホなどで閲覧したサイトを提示してもらったり、」
  • 「クーポンのプリントアウト」や
  • 「キーワードを伝えてもらう」
  • これらのことで、このあたりの課題は容易に解決する。

対応できる店

店舗展開している商売であれば
あらゆるジャンルで展開できるものがO2Oだろう。
メニューや営業時間・店舗の地図等だけしか掲載していないショップサイトが多く、
リピートさせる価値が無い媒体が多い。
o2o