起業家とは、自ら新しい分野で起業をした人。

複数の事業を起こした人などで使われる。この場合には実業家などという言葉も有る。
単語の使い方が時事的な面も有る為実に区別が付けにくい。

起業家


主にペンチャー企業などで使われることば。
従来存在していなかった新しい事業を起こすことで用いられる事例が多い

普通に起業をしただけでは起業家という風には使われないのがポイントだろう。
普通に会社を興しただけだと「経営者」でしかない。

実業家


青年実業家などという単語でしばし用いられるが生産や流通などの実業を行う経営権がある人の事を指す。
本人が経営者でなくとも、会社の幹部などでも該当することも有る。
資本家などとも重なることは多い。

実業と虚業

一時期インターネットが虚業だとか、バッシングされていたものが懐かしい感じである。
今Lineやスカイプのようなメッセンジャーサービスだとか
オンラインバンク、
ブログサービスやECサイト運営
他 webサービスを一切使わない人の方が少ないだろう。
インターネットを全く使わない人はいないだろうに新しい分野は何かと理解されにくい事は多い。
今楽天市場やAmazonを使ったことが一度もないという人の方が少ないが。15年前だとそうではなかった筈だ。

情報商材は価格が高めであったりセールスページの内容に該当しえない中身しか無かったりで問題視されるべき面は多いものですが
基本的にはkindleの様な自分だけで出版して販売できるデジタル書籍と何ら違いは無い。

ただし中には動画サイトですら虚業だとかいう意味不明な理解度の10代なども居るので呆れる。
高齢なおじさん連中が新しい産業を虚業と叩きたくなることは解らなくもないが、10代が言うと将来おっかないかなという感じがしてならない。

脱藩起業と脱藩転職とは

新しい事は難しい

目新しいことは無理解に会いやすい。
バッシングや批難も多々ある事。
しかしながら、詐欺的な人を欺いたり不正なことさえしていなければ、
どんどん起業がふえればよいと思うのですがニーズ間違うと起業家としてスタートしても直ぐ消えうることは多々ある。

  • 意見を聞けない輩も無理。
    自分は知っている。出来ると妄信してしまいがちになり傾きかけていることにも気づけない人が多い。
    儲かっていないときに行けんを耳に入れれないのであれば一生好転することは無い。
    集客力も売る商品もガンガン売れていないのにアイデアが頭に入らない人はダメだ。
  • 「鬱」とか自称している人が起業するのは向いていない。
    たまに独立だけありきで起業しようとする人や、
    戦略が無いのにただ独立することが目的になり手段とすることが逆転している人物が多い。
    就職することよりも起業して食い繋げて拡大していくことは相当困難なのにもかかわらず
    正社員や非正規雇用で働きたくないという思いだけで起業しようとする人には高確率で無理だ。