起業について

起業は独立してビジネスを行うこと。
大学などの学生の間でも企業することは可能。

起業するのは簡単

個人事業主なら、開業届だけで実質起業は出来る。
法人として会社設立するのは売り上げが一定数上がってからでも遅くはない。
よほどの理由が無い限り、法人で開始しようとする方が愚かだ。
起業して何を行うのかが最大の問題だ。
起業すると税金や保険などは全て自分自身で支払わないといけなくなる。
サラリーマンやアルバイトと異なり税務署などに年に数回いかないといけなくなる。

事業も全て自己責任

雇われることは楽だ。
事業主は全て自己責任。
稼げないのは客や消費者が悪いのではなく自分が提供するサービスが悪いだけだ。
誰も助けてはくれない。

増える起業家

今後起業・開業する人は増える。
雇用という働き方では既に限界が見えているのだ。
バブル後の終身雇用の崩壊で2016年時点の50代以上までは逃げ切れても40代以降の若年世代は、給与が働いた年数で上がるということは無い。
賃金は役職か仕事内容で左右され、一歩間違えれば非正規雇用の不安定な状態に陥るのが実態だ。
一度非正規雇用になると正社員という席は少ない。
結果として起業に再起をかける人が増えてくるのは必然だ。

起業塾、若者を食い物にという福岡の事件が呆れる内容

塾商材の販売の事例か?と思ってニュース記事を見てみたのですが実に残念だった。起業塾が若者を食い物にという福岡の事件が呆れる内容だったのでガッカリだ。 起業塾、若者を食い物という事件が賠償命令を福岡地裁が判決で出したという事件。 これって期待したニュース内容ではなかった。

起業で失敗する人の最大の間違い

起業で失敗する人の最大の間違いについて。 サラリーマンや学生で独立しようと考えて奮起する人は、多いのではないかと思います。 ここでは起業で失敗する人の最大の間違いについて公開します。 もしも起業するとなった際に 幾つか重要なポイントがあります。

日本の起業率が上がらない理由という記事があったものの、起業率はあがったほうが良いのか?

個人事業

日本では起業を行う人が少ないのでしょうか? 実際には、日本では中小企業の比率が9割を超えている為大企業の数よりも圧倒しています。 雇用に関しては7:3程度ですので大企業が雇っている人の方が多い面が存在します。 日本では本・・・

起業する前に読みたい記事

個人事業

日本では学校或いは大学を卒業したら入社して会社勤めを終了させることが人生のlifeプラントと妄信している人が多いので起業するにはどうしたらいいのかだとか注意すべきポイントというのは、本や聞いたりすることでしか得られない。・・・

10万円で起業する方法『堀江隆文ことホリエモンが「10万円で起業するには」というテーマで解説している』

個人事業

起業を考えるとどうしても億劫になってしまいがちだったり、 すぐ「ネタが思い浮かばない」という人や 「資金が無い」と言う人が多いのではと思います。 堀江隆文ことホリエモンが「10万円で起業するには」というテーマで話している動画があったのでメモしておきます。 手持ち資金がなかったり、本気で独立したいと考えている人には有益な情報があるのではないかと思います。

個人事業主を開始する最初の手続き

個人事業

個人事業主を開始するに当たって届け出る必要がある。 開業したら届け出る書類が開業届け。 事業内容や従業員を雇い入れる等の内容を記載する書類。開業届けをすることにより事業からの所得が事業所得になる。

ページの先頭へ