個人事業主を40代から開始するには
40代にもなると会社組織の派閥争いや役職の椅子を巡って思い通りの人生プランから外れると
転職よりも独立が現実的になる年齢かもしれない。
しかし、転職の成功事例は少ないことが多く若い世代よりも求人の条件と内容がかみ合わない事も多くなる
子育ての年齢も高くなってきていることが予想でき、学費や生活費の面でハイリスクなことは出来ない。

スポンサード リンク

個人事業主と年齢

スーツ姿の男性

    個人事業主を開始するのはいつからでも可能です。

  • 早い人だと10代でも可能ですし
  • 大学卒業したての20代でも可能
  • 社会経験を積んでからの30代でも可能だ。
  • 40代から始めるにあたっては貯金は相当あることが前提として考えられる為スタートするには現実的になりやすい。

※性別・年齢に参入となる物は無いが事業がうまく回るかが運命の分かれ目になる。
開業して1年もつ率と5年・10年それ以上と段階的に継続できる数は極端に減る理由は、起業は難しいという現実が有る。

ただし40代から異業種に飛び込むのはそれ未満の年齢よりも厳しい。
物覚えの記憶力・体力・技術的なことの習得。どれも若い世代よりも厳しくなるのは分かり切っている。
健康的にも弊害が出やすい年齢であり持病があったりすると、独立して働くことは難しい場面が多々出てくる。
一度個人事業主になったらすべて自分の売り上げだけが収入の要になる上に、保障してくれる仕組みは無いことを覚悟しておかなければならない。

独立して起業するということは、完全な自己責任の生き方になる。
サラリーマンなどの会社勤めは、病欠で休んでも勤務中にサボっていても給与は保証されていますが、独立している個人事業主においしては完全に自分が設ける仕組みを考えて構築していかないといけない。
人を雇えば給与の支払いが必要になる上に労働法に基づく法律に準じた雇用を行わないといけない。パワハラやセクハラ、ブラック雇用などすれば簡単にコケル。(稀に見かける中小企業のやりたい放題の雇い主はいつか痛い目見るだろう。)
独立するという事は、覚悟の水準が雇用される生き方と決定的に違うことを常に頭においておかないといけない。

【無料】フランチャイズサポート厳選!オススメFC【資料請求】

独立のスタイル

会社に在籍するときから始められる独立の方法も考えられる。

仕事 スタイル 離職・在籍
SOHO(在宅ワーク) 仕事は他所から請け負う形で在宅で作業をこなすパターン。クラウドソーシングも多様に存在するため全国から探すことが出来る仕事も存在する。 兼業可能
士業やクリエイター型 事務所は持たなくても出向いて仕事をすることも可能(コンサルティング等)。業務だけ請負自宅で作業することも可能。 兼業可能
ベンチャー 会社で身につけた知識や経験を生かして新しい産業の構築。新規顧客獲得の営業が必要になる他、リスクは高い 完全に独立してからするか、兼業で開始しておくか分かれる
店舗型 独自で店舗展開するか、フランチャイズとして加盟店に入り働く方法。 会社からは退職してから本格始動することが殆ど

スタート時点で退職金などを当てにして起業することはお勧めできない。
事業は開始して成功する確率の方が低いからだ。
安易な展望で会社を離れて起業に賭けるのは好ましくない。

今会社に勤めて働いている仕事の内容にもよりますが、
独立したいと思っている働き方と、兼用できないかは一度考えてから起業を考えた方が良いことも有る。
確実に回るというビジョンが無い限りは、兼業のまま事業を開始した方が良い。
会社で働くのか、独立するのか、この二択がどちらも選べる程度のスキルが有って余裕がないと痛い目にあう可能性が高い。
内職詐欺の注意点とハマりやすい人の特徴

ビジネスのマルチ化

独立・開業のノウハウをお金で購入する方法にフランチャイズという仕組みが有る。
FCなどだとローリスクで始めることが出来る。
事業がうまく回れば複数の会社を興すという展開も有る。

    資金が有る場合

  • フランチャイズなどのビジネス
  • 店舗型ビジネス(飲食店・物販他)
  • 不動産や金融商品の投資等
  • 資金が有っても開始できるというだけであり成功しないと継続して続けることが出来なくなる可能性があるということを念頭に置いておかないといけない。



    資金が少ない場合

  • インターネットを使ったビジネス
  • 自宅で開始できる商売
  • スタート時に資金がなくても始められる商売だと、売り上げがでなくても撤退が可能なことが多いため継続しやすいという点がある。
    自宅兼店舗の飲食店だと家族の手伝いなどを期待できるため、悩むことが軽減できる。

ラーメン屋を開業するには
脱藩起業と脱藩転職とは

年齢=リスクの度合いも高い

リタイアすると若い世代よりも転職先が殆どなくなる40代以降の個人事業主という立場
万一、事業が成り立たなくなった場合のケースを考えておかないと苦しい状況に陥る。
借金などしていると借金返済が相当の重荷になることは間違いなく返せるあてをつけるのも現実的に困難に陥りやすい。
最初の計画が若い世代よりも相当緻密に考えてスタートしないと頭にいれておかないといけない。
歳を食うと頭が頑固になりやすく意固地になって何もできなくなっては最悪の泥沼に陥るだけだ。
40代ともなると共にビジネスを行う人は探しにくい。
大学生などであればツテなどで事業を手伝ってくれたりアドバイスを求めることができたりする相手を探すことが容易いが、高齢になるとそれまでの付き合いの中からしか頼める人は居なく物理的な手助けは困難になることが考えられる。
会社付き合いの中の人と共に事業を起こすのもトラブルのもとになりやすい。
知人・友人と商売を開始するよりも、ビジネスを始めてから人間関係は構築していったほうが上下関係ももめにくく、関係が良いつくりになれる。
流行らないラーメン屋の特徴

ポイント
  • 役立つ資格は独立前に取っておくこと
    雇用保険の教育訓練給付制度が使えるのは雇用保険期間のみ。
    独立を決める前に今使える制度は使っておくほうが賢い。
  • ローリスクな独立から開始すること。
    借金や土地・建物が必要なリスクが高いビジネスにいきなり挑戦しない事。
    最初から法人として開始しなくとも良いジャンル。
    家などから開始できるビジネス。
    レンタルオフィスなどで開始できる商売。
  • 会社を辞める前に起業する
    副業解禁の姿勢が強くなってきているので副業として開始できるビジネスを始めておけば、
    リスクを抑えて別の収入源作りにつながる。
  • 選択肢を沢山考えておくこと。
    いざとなったら別の手段や行動が起こせるように選択肢を複数考えておくことが必要です。
    いきなり取引先が倒産してなくなったり客数減といったことは度々考えられますので策は複数考えておかないといざというときに行き詰ります。

独立・開業を応援するフランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】
個人事業主の時代

初歩から資格取得まで! 永年のノウハウが詰まった授業と安心のサポート。
全国各地・60講座以上の充実したラインナップ。
大栄教育システムなら、あなたにピッタリの講座がきっと見つかる。
**パンフレット無料送付中!**
初歩から資格取得まで資格スクール大栄

今後の展開

40代だけでなく現在は全ての働き盛り世代の人が苦しい状況になっていることは経済的な統計などからも判明する。
いくら平均年収が450万円台が多いといわれていても、実際には年収200万円世代が増加している現実も存在している。
40代でも年収300万円代の日本。40代で平均年収アップは可能か?
副業解禁をする大企業が増えてきていることが示していることは、働き続けても収入が増えない事を示している。
会社に在籍するという事は会社で働く内容を合法的に覚え身に着け、自分のスキルにすることができる。
これを武器に転職するも良し、転職先がなければ独立すればよい。
ただし将来的には独立する。独立せざるを得ない人は増えると予想される。
企業が効率化を行うことで、雇う人員の削減、低賃金化(年収の歯止め)、これらはグローバルに拡大するだろう。
そんななん40代で独立するというのは経験だけは若い世代よりも多ければ良いが
温い環境で過ごしてきた場合には若い世代にも負ける可能性が強い。

文字「個人事業主を40代から開始するには」