フランチャイズビジネスは年々様々な事業で増えているが
問題も多くなってきている。

フランチャイズというビジネスモデルに魅力を抱いて集まるのが、40代50代を中心に人気が高まっている。

フランチャイズに魅力を感じるポイント

  1. 魅力は定年がない働き方の方が良いのではという考え方
  2. 年齢で経験は多い為事業に興味を持ち何かできればと挑む
  3. 背景には、フランチャイズ市場は2014年度には24兆円にも拡大している

今後もどんどんフランチャイズビジネスは拡大していくだろう。

フランチャイズの優位性

ゼロからビジネスを作る起業よりも
既に成功しているビジネスモデルがある事。
本部と契約することで自分が独立したときに成功する確率を高めることができる選択をする人が多いフランチャイズというビジネスモデル
しかし誰しもが成功できるとは限らない。

トラブルも起きている

一方でトラブルも

    パソコン教室のフランチャイズで

  • 年収1000万円取得可能
  • 閉鎖した店舗は0店と
  • 謡われていた
    加盟金270万円など支払いスタート
    開始したら生徒が集まらず最初から赤字に
    実際には閉鎖が相次いでいた

加盟店になれば、加盟料が本部に入る為
加盟した人が継続できようができまいが知ったことではないという本部だけがいきのこればいいという事例がまかり通っている

結果として加盟した店舗のオーナーには負債だけが残る

フランチャイズビジネスには規制が必要
中には存在している詐欺的なフランチャイズビジネスの本部が淘汰されないと駄目になる。

フランチャイズビジネスのリスク

ペッパーランチ事件のように一つの店舗が法律的に致命的な事件を起こすとチェーン店全体のイメージが失墜することが有る。
これは稀有な事例だが日本の近代史でもまれな事件ではあったがたった一店舗の犯行とはいえその後も引きずって他の店舗でも別の事故・事件を起こしたことにより、とことん地に落ちていきなりステーキでペッパーフードサービスが勢いを再スタートする頃までペッパーランチはイマイチな立ち位置だったといえる。
狂牛病などでアメリカ産牛肉が途絶えることに寄り、牛丼チェーンなどが豚丼に走ることなどでもチェーン店全体の売り上げが下がる要素も抱えている。
個人店のように扱う品を急にガラッと変更する小回りは聞かない。

  1. フランチャイズ比較

    BMフランチャイズは、100件以上のフランチャイズビジネスを簡単に比較できるサイトです。
    成長力の高いフランチャイズ本部をセレクトして、
    独立・開業を目指す皆さまに優良な情報を提供しています。
    資料請求は何件でも無料で説明会への申込みもサイト上で簡単に完了できます。

  2. フランチャイズの窓口

    「フランチャイズ開業に興味がある方」 是非、ご利用ください!!※最大10社まで ご自宅でゆっくりと比較検討なさってください。
    資料には、・モデル収益 ・業界の動向 ・初期投資回収年月 など、詳細情報が記載されています。
    フランチャイズの窓口 フランチャイズの窓口では、開業にご興味がある方には 有益な情報が全て無料で取得できます。

  3. フランチャイズサポート厳選FC

    フランチャイズサポートとは!! 独立・起業を検討されている方や、
    フランチャイズへの加盟や代理店募集をお探しの方を対象とした、資料請求や 本部の説明会への参加予約ができるサイトです。

コンビニエンスストアのFCは、大本の会社がやりたい放題という日本