手を出している女性
フランチャイズ(Franchise)とは親企業が、加盟店に大して商号・商標の使用許可等を与える独占販売権のビジネスのこと。
チェーン店などが一般的でコンビニエンスストアなどが代表的。
マクドナルドのようなファーストフード店や牛丼チェーン店などもフランチャイズの一つ。

フランチャイズとしてチェーン展開する理由

銀座の風景
1店舗や数店舗だけ経営していても小売り商売の利益は微々たるもので
少ない店舗数で極端に収益を拡大することは不可能で、根本的には店舗数を増やすしかない。
フランチャイズとして店舗数を広げることで加盟金や売り上げの一部を回収することで本部も利益を上げることが出来る。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズのビジネスの仕組みを
チェーン店経営に置き換えたものが『フランチャイズチェーン

フランチャイズを
フランチャイザー(本部)が、フランチャイジー(加盟店)と契約を結ぶ

商標やサービスマークを 営業形態の象徴 経営ノウハウを用いて同様のビジネスを行う権利を与える

仕組み
食材・メニュー・調理研修
店舗運営システム(マニュアルなど)
提供する フランチャイザー(本部)


支払うフランチャイジー(加盟店)
ロイヤリティー:加盟金・店舗にかかる費用・毎月の売り上げの一部(ロイヤリティー)


直営店との違い

フランチャイズと反対の形態は直営店で組織元の社員やスタッフが運営している店舗が直営店となる。
試験的な運用や改善策・新規の商品開発などを目的として利用されることが多い。

フランチャイズのメリット

個人で独立するよりもフランチャイズに加盟した方が安全性が高いことには根拠が有る。

  1. 既に売れているビジネスモデルを引き継げること⇒失敗しにくい。
  2. 調理のレシピなどが知れる
  3. 原料の仕入れ先を探さなくても良い
  4. 運営の改善策などを仰げる。
  5. 人手不足の際の人材の手助けなど
フランチャイズのデメリットとリスク
  1. 本部が事業撤退したり倒産すると継続できないリスク
  2. 仕入れ先は本部から固定される。商品は店舗独自に増やすことが出来ない。
  3. 本部が提案する収益予測は信頼できるものとは限らない



フランチャイズに加盟する前に

銀座の風景
フランチャイズは開始・開業することは容易なビジネスであるため事業拡大の手段として増えてきている。

    フランチャイズを検討する人は以下のどれかだ。

  • 独立
  • 新規事業進出

加盟金と店舗が借りれる資金・その他費用が有れば、一人で独立開業するよりもスタートしやすいビジネスだ。ただしすべての企業やオーナーが成功するほど簡単ではない
事業継続も成約が多く長く続けることは当然難しい面も存在している。

フランチャイズで差が出る要素
フランチャイズのビジネスパッケージの力こそが大きなやる気に繋がる
ただしどんなに優れた商品やブランドでも店舗運営する人にやる気がなければ売れることは有りません。
同一チェーン店で同じ店の立地規模・環境でも売り上げが半分しかない事も起きる。

フランチャイズ本部はスーパーバイザーなどを通じて店舗のモチベーションアップや指導を行っている。
加盟店オーナーを集めたオーナー会議など