40代という年齢について

40代、従来であれば、子供が成人近い年になり大学進学やらなにやらで家庭への負担が増える世代というイメージだったものですが
最近では晩婚化、雇用不安、低賃金化というライフスタイルの変化で
40歳になっても生活に不安だらけの人が増加の一途である。
ましてや50代近くにもなると親の介護なども現実味を帯び負担がさらに重く伸し掛かってくるため非常につらい年齢だ。

四十代の特徴

人の肉体的な成長は20代までであり30代からは衰えていくことはスポーツ選手ですら同様で40代にもなれば引退というのが生物学的な所だ。
ただし労働者人口としては上は60代でも70歳以上でも体力さえ問わない労働であれば働くことは出来る。

    40代になって顕著になるものというと

  1. 体力の衰え
  2. 更年期障害
  3. 生活習慣病のリスク増加

最初に体力が衰えること。
これは数年前までは大丈夫だったスケジュールで働き続けることが出来なくなったり重い仕事が出来なくなったりと様々な問題が出てくる
更年期障害や生活習慣病も必然とリスクは高くなり一気に老化までのハードルが見えてくる。
若いうちに健康管理や、肉体の基礎を使っていないと一気に波が押し寄せてしわ寄せが来るのもこの年齢だ。
両親が健在だったとしても介護の問題などが出てきたり子供が一定の年齢になったりすることで家庭に回すお金もどんどん高くなる特徴がある。
仕事が旨くいっていても一定の役職などにつくことでストレスなども増えてくる佳境になる。

40代のファッション

40代のファッションは好みや生活スタイルに大きく左右される。
仕事盛りな年齢ということもありますが男性だとどうしても仕事中心の服装が多くなることも多い。
反対に女性は、子育てなども一段落している人が多いためある程度自由な服装・落ち着いた服装になることが多い。
成人病や肥満といった体系の衰えも30代から顕著になってきますが40代にもなると性ホルモンなど分泌も低下するため体系の衰えが出てきやすいのも特徴だ

40代の転職事情

転職は若い内の方が良い。
40代でキャリアアップの為成功をするための転職は、独立しても失敗のリスクをリカバリーするのも困難な年齢の為ハードルは高い。
しかしながら、出世コースから外れたり会社の倒産、合併などで給与が上がら無いという人は多い。
中には仕事を失ったことで転職を余儀なくされる四十歳世代の人も存在する。

40代が老害化している?

高齢者の暴力事件がたびたび報道されていますが それよりも少し若い40代までもが老害化しているらしい。 出世競争が30代頃から40代にかけてひと段落つく。 そこで大手の会社などで残って地位を手に入れた中年が早くも老害として・・・

40代からの転職

生活

40代からの転職の勧めについて。 最初にいっておくと、20代<30代<40代という順でハードルは高い。 個人的には40代でも転職に成功したという事例は、極端な事例を除いて知らない。 普通に生きてきた人が40歳代になってから転職で成功するというのは無理である。

40代でも奨学金が返せず自己破産する事例が発生

生活

40代でも奨学金が返せず自己破産する世の中になってしまった日本。 一体誰が、こんな国にしたとしか思えない。 最近の賃金だと、最低賃金すれすれのアルバイト募集とかしかないのに、あんな時給だと生活がまともになる筈が無いし そもそも借金を返す余力がなくなるのは目に見えている。

ページの先頭へ