インスタグラムの利用規約に触れてアカウント停止の事例
について紹介する。

基本的な事

instagram利用規約
https://www.facebook.com/help/instagram/478745558852511
  • 年齢
  • 不適切な写真(わいせつな写真)など
  • これらに引っかかる人は割といそうだ。

年齢

年齢に関しては12歳未満が禁止というのは割とよくある。
13歳以上である必要が一般的に殆どに感じる
水溜りボンドというウーム所属ユーチューバーについて
この事例でyoutubeは13歳未満は基本的に利用禁止というのがよく知れ渡ったと思うのですが

Youtubeに限ってはアルコールなどの動画の閲覧などでもまれに年齢認証求められたりすることがある。
Youtubeに***の年齢認証がデカデカと表示されてた。
これらの利用可能年齢が13歳以上と定められているのは各社の国による基準の違いもあると思うためはっきりとしたことは分からない。

不適切な写真

わいせつや裸体などはソーシャルメディア媒体では嫌われやすい。
Twitter・ピンタレスト・tumblrが緩いせいかそのノリで投稿しているとアカウント停止になる可能性が有る。
各々のサービスで投稿してセーフな写真と
投稿したらNGな画像をきちんと把握していないとアカウント停止においやられる。
規約と投稿しても良い内容を正しく理解していないとBANされる。

無料サービスの規約

基本的に運営が神であるといえる。
運営がアカウント停止にしたら何も抗議できないということは多々あるのが無料サービスの末路だ。

  • アドセンスのBAN祭り
  • だとか、

  • FacebookのアカウントBAN祭り FacebookのBanというかアカウント停止復元方法
  • などが以前はありましたが
    もはや既に過去の話のようになっていたりしますが
    最近でもイラスト投稿をしている人たちがTwitterで機械的なBANが行われていたりして騒ぎになっていましたが、SNS利用が当たり前になって抗議も大きくなりやすいことから割と流れは変わってきたかなという感じはする。

2017年現在ではYoutubeの自動検出が全く比が無いのにNGにしてペナルティーつけてくるからヒヤヒヤする。もはや誤BANありきでシステム動かしているようにしか思えない。

当然Facebookやインスタグラムもすべて人の手でペナルティーを科しているとは考えにくい為誤BANも有り得るとは思いますが抗議するには自分のアカウント運用が真っ白であることを証明できないと難しいといえる。

基本的に無料サービスはBANされても再復活は出来ないと考えておかなければならない。
文字「インスタグラムの利用規約に触れてアカウント停止の事例」

ぬふふぬふふ

過去にFACEBOOK停止とか、アフィリエイトBANだとか、無料ブログBANを何度か経験した身としてはあんまり無料サービスに力を入れすぎてもいざというときどうしようも無くなるリスクがあることを理解しておかないと痛いことになる。
それを保障できる根拠もない。

  • 画像データなどは保存しておくこと。
  • 再度アカウント取得するときは慎重に利用すること。
  • 複数アカウントを取得しない事⇒IPではじかれるリスクが増す