2011年これからは個人事業主の時代だと思います。
なぜなら、長引く世界不況、大企業の経済成長の鈍化、
新卒採用の、低下(実に大卒で50%という有様)
高齢化社会に税金アップの政治家の能が無い政策。
今後の日本で産業が育つような未来は想像できないどころか確実に衰退すると見られている中、終身雇用にしがみ付けないと、自殺する若者が増えて実に20代―30台の自殺者が多い日本の有様が現実です。

スポンサード リンク

会社勤めは幸せか?

このような状況でよりよい就職、あるいは再就職がよい所が見つからず、個人で事業を開始したいと思う人もいるのではないかと思います。どうせブラックな会社に勤めた所で体を壊すまで働いて、結果職を失う人もいることですし・・・。
2014年段階で、すき家のワンオペや過密勤務が第三者機関の発表で明るみに為ったこと。
自民党による解雇特区の政策や、1000万円以上の年収者には残業代を支払わなくても良いとする法案の模索など
労働者のままで居ては、国と会社に搾取されることが目に見えています。

今後

2015年の自民党政権によって、1000万円以上の年収の人には残業代支払わなくて良いという政策が画策されたり、解雇特区などが検討されていた。

その上で派遣社員や非正規雇用の幅はどんどん拡大されていく。
一度正社員の席から外れた人が、一端非正規雇用になると、20代でない限りよっぽどキャリアや強みか人脈が無い限りは普通のサラリーマンや正社員としてただ業務に従事していただけの人では、別の会社で正社員として勤めることは年々ハードルが増している。
30代無職がいきなり正社員で社会に出て働こうとしても採用する会社は存在しない。
このことから、生きるためには、自営業としてでも収益を自分で立てれないと、いきていけないことになる。
路上生活になったとしても食いぶちは自分でつくらないと行けないため、そこまで追い詰められる前に、自力で稼ぐ手段を身につけないと今後の世の中は生きていけないだろう。
ブログ飯が成り立たない理由
最近ではブログ飯だとかユーチューバーということで、若者でも自宅で自力で稼ぐ人はいますが、生活が廻るようになる人は1握りだろう。
ただしインターネットビジネスは、「ラーメン屋」として店を開業したり、新規事業を開始するには、最もコストがかけずに開始することが可能なので、頭の片隅においておいたり知識をつけていても損にはならない。

私に自営業が出来るの?

町に行けば小さな商店やFCではない飲食店等で、おじさんとかが経営しているお店は全て自営業者(個人事業主)です。
ですが

  1. 個人事業主ってどういうものなのか?
  2. フリーランスと異なるの?
  3. 始めるには何が必要なのか?
  4. 手続きや法律はどういう物なのか?
  5. 最初はわからないことだらけだと思います。

サラリーマンやフリーターだと税務署に足を運ぶことも滅多に機会が無いことだと思いますし。
ここでは様々な個人事業主に関する事柄を紹介していきます。
日本の教育では自営業者に関連する知識は教えないため自力で学ぶ人だけがその知識は身に付けることができます。
知ろうとしないと一生身につかない税金の特になる知識なども好んで教える他人は存在しません。

ハードルになる条件は一切無い

ひとまず個人事業主は、主婦でもアルバイターでもサラリーマンでも開始する事は可能ですし、兼業することも可能です。
株式会社と異なり、資金が一切かかるわけでもないので、ちょっと真面目にお金を稼ぐことを自力で始めてみたいと思ったら『個人事業主』の知識は身につけておくべきだと思います。
むしろ個人事業主や税金に関連する知識を知らないことで損をするのは貴方自身です。
知ることで一切損はありません。
ブログ飯が成り立たない理由

法律を知る事

白色申告や青色申告など税務のことだけでなく、人を雇用するなら、労働法をしっておかないと行けないし、契約書の書き方も必要になる。
著作権などの法律も時には必要で、知らなかったでは済まされないことが度々おきる。
自営業を開始することはスタートのハードルは低いのですが、用途によってはおぼ得ないといけないことは沢山あるため、独学での学習が得意ではない人には向いていないと思う。

メンズビジネスシューズ

世の中では靴で仕事が出来るかどうか判断する俗物が居る。