「個人事業主」タグの記事一覧

個人事業主登録してその後

個人事業
セミナーのイメージ図

個人事業主登録してその後口座を作ってみたりしたものの特別、これといって変わった事は無かったわけですが、 1月~11月までに 税務署から2通封書が届いた。 しかしこの内容はというと・・・

個人事業主の動機

個人事業主になりたいという動機は何でも構わないと思う。 ラーメン屋だろと雑貨屋だろうと、 店舗や事務所を構えなくとも個人事業主は可能だ。 ひとまず、自営業者になることを頭においていないと、人は簡単に会社に使い捨てにされる・・・

個人事業主とは

個人事業主とは、事業主(経営者)の事。 法人・個人という区別では、法人(株式会社や有限会社)として登記していない事業主の事を指す。 一般的に日本国内においては税金の面から考えて、900万円以上の年収(利益)が無い場合は株式会社として登記してもメリットが少ないことが多くデメリットが出てくる為、900万円~1000万円程度以上からの登記が望ましい。 ただし信用だとか取引の都合で年収の見込みがなくとも最初から法人として事業を始める例もある。

フリーランスとして働くには

フリーランスとして働くにはよっぽど突出したものが、自分の知識かスキルに無いと無理だと思う。 日本において自営業を始めることは誰でもできる。 学生だったとしても自営業の登録はできるような気がする。

ニートから始める個人事業主

ニートから始める事が可能な個人事業主という職業?いや肩書きか。 2014年時点でも引きこもりや労働していない労働世代18歳~60歳くらいまでの人数は年々増加の一途だと感じる。 正直学校生活でのいじめや、ブラック企業で体を壊したり精神をやられると、一度休むと休業期間にもよるがまともな仕事に着けることは少ない。むしろ普通に働いている人達でさえもキャリアアップの転職は、よほどのスキルが無いと向上することはないので、正直な所サバイバルだ。

個人事業主が作ると便利な口座

個人事業主が作ると便利な口座 基本は、氏名だけの普通の口座を専用で普通口座を設けた方が圧倒的に便利です。 無理に屋号付の口座を開設するのは殆どメリットが無いどころか、デメリットすら発生する。 どうも日本は自営業者の数は結・・・

個人事業主を開始する最初の手続き

個人事業

個人事業主を開始するに当たって届け出る必要がある。 開業したら届け出る書類が開業届け。 事業内容や従業員を雇い入れる等の内容を記載する書類。開業届けをすることにより事業からの所得が事業所得になる。

個人事業主の時代

2011年これからは個人事業主の時代だと思います。 なぜなら、長引く世界不況、大企業の経済成長の鈍化、 新卒採用の、低下(実に大卒で50%という有様) 高齢化社会に税金アップの政治家の能が無い政策。 今後の日本で産業が育つような未来は想像できないどころか確実に衰退すると見られている中、終身雇用にしがみ付けないと、自殺する若者が増えて実に20代―30台の自殺者が多い日本の有様が現実です。

個人事業主の案内

このサイトはぬふふが製作しています。 間違った点などがあれば指摘いただければ随時訂正しますので、怒らないでください。

ページの先頭へ