中高年の仕事についてですが、いつの時代でも中高年にもなると仕事の職種や採用人数、募集件数は若年層と比較すると相当減ることが現実です。
「青年」の次の世代が「中高年」とされていますが、青年の定義は39歳までとされており年齢と言葉の定義が、時代と共に移り変わる傾向があります。
今では人生80年という時代ですので明治以前の時代に平均寿命が40代という時代とは明らかに変わってきています。
中高年の仕事や転職に関してですが、一般的には、40代ともなると家庭を持っていることが殆どの世の中で1人暮らしで独身という層は稀だというのが社会的な認識です。
この前提で、家庭を持っている状況で転職をするとなると、「給与」が一番の問題点としてあがるのでは無いでしょうか?


30代と40代以降の転職

超氷河期な中高年転職市場で勝ち抜くために!30代40代のための転職成功ガイド

超氷河期な中高年転職市場で勝ち抜くために!30代40代のための転職成功ガイド

  • メーカー: 中谷 充宏
  • 出版社: 秀和システム
  • 発行日:2011-12-21
  • 超氷河期な中高年転職市場で勝ち抜くために!30代40代のための転職成功ガイド

    中高年になってからの、大手企業間での転職というのは高いスキルの上で同一の業種での転職というケース意外は存在しないだろう大手の企業であれば企業年金や退職金に福祉面でも保養所と食堂に医療保障等での差は大きいことが挙げられる。 しかし中小企業ではこれらの面は殆ど容易などしていない企業もある。
    サービス残業に休日出勤を大量に科せられて、ボーナスもスズメの涙程度といった会社はごろごろしている。
    大手企業と中小企業の壁は遥かに開きがある。
    これは一度手放すと2度と手に入れることができないので、中高年の起業が進まない要因では無いのだろうか?

    大抵、年配と呼ばれる世代の人と話すと、昔は稼いでいたと言った話を聞くことは多々ある。しかし後ろ向きの思考しか話さない時点で色々と問題だらけだ。
    若年層の場合は、いくらでもチャレンジ意欲だけで転職は出来たりもするのですが、中高年ともなると一般的に管理職等に選ばれるような年代になってからでは転職するには重い腰になるのは道理である。
    普通に平社員でも年々積み上がってきた賃金が転職してしまうとリセットされるわけなので、この椅子にしがみつきたいのが本音だろう。
    平均年収は490万円位らしいですが年収300万未満が意外と多い|格差社会

    病気などのマイナス要因での転職

    ヘッドハンティングのようなスキルを望まれて転職する場合意外、例えば体調を壊して今までの職務が行えなくなったというケースなどでは、転職する場合は異なる仕事に就くことになる場合が殆どですので、給与アップして転職という路線はかなり少なくってきます。
    40代でも年収300万円代の日本。40代で平均年収アップは可能か?
    そのほかにも人員削減なども最近では大手メーカーなどでも珍しい事ではないので、
    優秀な人材でない限りは、転職で+の相乗効果が見込める就職は年々厳しくなっている事が現実です。
    この場合、中高年という年齢で普通に仕事を探すのでは、普通に求人応募していては、とてもじゃないですが、今までの給与水準の仕事に転職できる可能性はありません。

    30代最後の転職を成功させる方法

    30代最後の転職を成功させる方法


    30代以降の転職の“本当”と“ウソ”を徹底解明!8000人の経営者・幹部と対面してわかった「欲しい人材」の絶対条件。今の会社に残るか?移るか?独立か?70歳現役時代を生き抜くため、決断するなら今!

  • メーカー: 井上和幸
  • 出版社: かんき出版
  • 発行日:2015-05-22
  • 30代最後の転職を成功させる方法

    リスクをとることと無謀さの天秤

    中高年になると仕事が探しても思うような案件が無いことから、転職では無く起業するという人も中には存在しますすが、何かしらの事情で已む無く転職する事になったケースでは起業プランなどでも躓き、起業した後にもノウハウ不足などで、成功しにくいケースが殆どなのではと思います。
    低リスクで、確実に起動が乗る起業内容であればお勧めしますが、初期投資が必要で、先が見えにくい業界で無理に独立する事はお勧めできないので自分で出来る範囲で冷静に考えることが重要です。
    資金を借り入れることの是非も最大の分岐点になる壁になるとは思いますが、そもそも起動に乗るかどうか解らないビジネスに挑戦するくらいであれば在職中の内から有る程度見込みと行動を立てておくことが重要だと思います。
    脱藩起業・脱藩転職とは

    Sponsored Links