日本の現実は、住まいですら、貧困による影響で 若者は年収200万円未満だと家が借りられない状況らしい。 ネットカフェ難民という言葉が出てきて決行立ちますが、 2008年の派遣村などの騒動があって、 2014年度末の日本でも一切明るい話題は無い。 むしろ年々若者が家を借りることは難しくなっているのが現状。 住まいの貧困で若者が年収200万円未満だと家が借りられない日本であるというのだから、老人も同様ではないのだろうか。 雇用の安定や住まいの安全は一切保障されていないのがこの国の政治家によるものだとしか思えない。