セカンドライフは、2007年後半あたりから日本語化が標準ビューアーで適用されていたようで、今ではサイト登録も日本語公式ページから登録することが可能です。 最初は、一部コンテンツの表示に英語表記だったのですが、今では大半が・・・