自殺について

自殺とは自害や自死とも呼ばれる自分で命を絶つことである。
宗教的にも自殺ははばかられる行為だ。※カルト教団のぞく
自殺したい状態を自殺願望が時折問題になることも多い。
電車への飛び込み自殺など賠償金の大きさや遅延による損害等社会的にも問題が大きくなることが多い。
世界的には自殺は低中所得国で多い。
病気(精神疾患)・貧困などが原因であることが多い。
日本では中学生・高校生などの若者の自殺が度々ニュースで報道されることが多く課題は多い。
メディア報道がきっかけで連鎖的に類似事件が各地で多数行われるリスクもある。
一酸化炭素中毒による死亡事故や塩素などもちいたガスの危険性など。

自殺に自傷行為をする程度の因果関係は無い。
自殺まで追い込まれている人は、自傷行為に至る余裕もなく行為に及ぶ。

過労自殺などは日本でも起きている為、一見普通に働いているようにみえても追い込まれているリスクが存在する。誰しも身近な問題だと言える。

パワハラ推奨社労士炎上中『本人が自殺したとしても、うつの原因と死亡の結果の相当因果関係を否定する証拠を作っておくことです』

パワハラ推奨している社労士が炎上中という事案が起きているらしいのですが、人の不幸で飯が美味い商売している人って、本当どうなんでしょうね。 建前抜きで、使えない人材どころか、雇用している事で損失しか生まない社員は居るとは思う。 ただし離職に追い込む行為を許したらそれこそブラック企業の思う壺だ。 地方公務員の駄目職員とかのニュースを見るたびにありえないだろうとは思いつつも、民間では非正規拡大で、安易な雇い止めとか用意になっているので簡単に失業してネカフェ難民に陥りやすい昨今、パワハラ推奨する社労士とかありえないだろうと思うのですが居るようだ。

ページの先頭へ