美容師美容師の専門学校は以外かもしれませんが増えています。求人情報などでも1990年代末ごろから高卒で無資格でも採用するような求人が多々見受けられました。

美容師の法律が1995年に改定されたことがきっかけのようです。

スポンサード リンク

「美容学校の入学資格が中卒」から高卒以上に引き上げられて、インターン制度が廃止。さらに美容学校での修学も1年から2年間に延長された事が背景にあるようです。

このことから美容師免許を保有していても、メイクなとが出来ない。カラーリングが不得手という人もいるようです。
専門学校を出ても、実践とは場数がことなるギャップによるものだとされていますが、これはどんな職種でも共通することだともいえます。

美容学校は試験目的であり、現場で求められる実力と異なるというギャップが存在します。カリキュラムは学校によっても異なるとは思いますが、今後は寄り一層現場で活躍できる内容が求められる事だと思います。

美容師は一見手に職をつける仕事と思います。ですが中々他の業種に転職するスキルとしてはいまいちぱっとしない仕事だともいえます。しかし定着率も低く、平均2年間程度で職を離れる人が圧倒的だとも言われています。
給与や待遇 勤務形態などらはこの事は問題が大いにあります。

店舗の開店は午前から、店舗の弊店は夜間に及ぶ営業時間の美容室もよく見かけます。店舗が有る程度の大きさであれば、スタッフでローテーションを組めるとも思いますが、小さい個人経営の店舗などではそういうわけにも行きません。さらに駅前などの密集地では凌ぎをけずるかのように美容室が密集している地域も存在しますので、自然と過渡競争な面が見えてきます。
当然雇用形態と、労働条件などで待遇の不満がでる事は当然だとも言える側面があります。

美容師を目指す人は半数は女性です。しかし出産を機会に退職してしまうことも多い仕事ですが技術の劣化が他の業種と比較すると早々衰えない為、育児後に同様の美容師として働くことが可能なスキルだといえます。