塾とは学校以外に補佐として勉強を行う場である。
有償の教育の場所でありますが、日本では中学校・高校から勉強が出来る子ほど塾に通わせる事例が多い。
余波として、塾に行っていない子供との教育格差が懸念されている。
学校での授業が疎かになる事例も有り、塾の内容だけ集中して取り組むという逆転事例も起きている。

個別指導か集団指導か?

個別指導は、授業に追いつけていない場合や、私立高校などで勉強が他の人よりも進んでいる場合などには有効です。
学校では質問しにくい子供などでも個別指導であれば柔軟な対応が可能ですので集団指導よりは個別指導の塾を選択する枌です。

集団指導は、平均点以上の結果がとれている場合。
学校の成績はつねに4以上が取れていて特定の教科の取りこぼしが無いという比較的優秀にみえる子供にだけ適しているといえます。
もしも、不安な要素があるのであれば一度個別指導か集団指導の方がよいのか見当してみることも良いかもしれません。

費用の問題

少子化で子供1人の世帯が増えていますが、
それでも学校や教育に賭ける費用は大学まで考えると
子供1人辺り2000万円はかかると言われています。
家計の為に節約する前に勉強する方法を身に着けさせるという理由や、特定の教科で遅れを補う意味でも塾に通わせるという決断は必要に思います。