現代社会では履物を履くことが当たり前の世の中なので、何気なく履いている靴ですが、
ここでは、靴の本来の意味を考えて見ます。

スポンサード リンク

靴の役割

  • 足を外部から保護する為

  • 裸足で歩くことは現代社会ではあまりないとは思いますが、裸足で歩くと、結構簡単に足は傷つきます。
    地面と接しているのは足だけですから、足への負荷は最も多くかかる部分なのです。
    動物の4足歩行と比較しても二足歩行の人の場合は負傷すると致命傷になりやすいものです。
    運動靴にたいしての安全靴や登山靴など機能性でも全く異なるものが靴には存在しています。

  • 歩行を保護するという目的。
  • 歩くだけでも足は疲れます。
    立っているだけでも足への重力は相当掛かるので、負担になります。
    目的に応じた靴を選ぶことは歩行をする為には重要な部分だと思います。
    最近ではデザインだとかで結構何も考えずに靴を選んでいるような気がするので靴についてちょっと深く掘り進んでみようと思います。

  • 歩きやすさにこだわった靴