仮想通貨として注目を集めているビットコイン
virtual-currency-called-a-bitcoin
ビットコインに代表される仮想通貨が出てきてモナーコインなども運用されているようですが、
今後この手のネット上の通貨はどうなるのか?

スポンサード リンク

基本的な通貨との違い

  • 日本円だったりアメリカドルというものは、国が管理している。
  • しかし

  • ビットコインのようなサービスはP2Pで管理されているため中央だったり、運営者だったり発行者のように誰か1点で管理されているわけではない。
  • 価格が暴落しようとも暴騰しても手に負えない。

    法律

    法律が各国で違う。
    たとえば2014年2月におきたビットコインを取り扱う取引所のマウントゴックスが破産した直後に各国の色んな事例を比較してみたものの、

  • 欧州のどこかの国は規制はしない(税無し)
  • 日本は規制ありき。(税金もかける)
  • という事例が出ていた。
    日本が規制したり、税金をかけたりする反面
    欧州は自由にやってくれというスタンスなので、発展する可能性は差が出そうだ。

  • ビットコイン「現行の枠組みで規制は十分可能」 米財務次官

    アメリカも規制ありき(どちらかという犯罪に利用される事を抑止にする意図が強い)

  • 2度目の閣議決定「必要あれば対応」 ビットコイン
  • 今後の可能性

    今後この手の仮想通貨は先進国で需要が高まる事は無いだろう。
    しかし可能性として考えられるのはその国の通貨の信用が揺らぎやすい途上国だ。
    通貨を外貨に換金しにくかったり、ためにくい国もある。
    日本円やアメリカドルにはリスクは殆どないが、途上国の通貨で貯蓄するには不安があったりする国もあるだろう。
    通常の決済サービスとして利用するには、換金性が優れてはいない。
    取引が可能な場所も少なすぎる。
    電子マネーよりも、ビットコインの単価の価値が解りにくい。
    現状のビットコインの仕組みを見る限りでは、極端に普及しそうでは無い印象だが
    今後もっと利便性が高い仮想通貨が普及すれば、何かしらのインパクトを与えるサービスになりうる可能性はある気がする。

    http://static.reuters.com/resources/media/editorial/20140306/bitcoin.gif

  • マウント・ゴックス、20万ビットコインが残存
    http://jp.reuters.com/article/jp_bitcoin/idJPTYEA2K01920140321
  • モナーコイン
    http://monacoin.org/ja/