最近なり済ましサイトから、明らかなバッタものなサイトでも大手メジャーサイトを装った偽装サイトが増えている。これは、スマートフォンなどの携帯端末でアクセスする割合が増えた事により、URLをその都度確認しにくくなっている事が要素としてあるのではと思える面がある。

info.groupon.jp
http://info.groupon.jp/topics/20130618-3326.html

そんな中、2013年度の6月時点では、グルーポンを語った詐欺サイトが登場していたらしい。

スポンサード リンク


グルーポンとは、クーポンを販売しているサイトで、アメリカ発のサービスだ。おせちの炎上や、価格が詐欺的すぎる販売者のモラルのなさでスタート時から悪いイメージが多々付いた上に、ペニーオークーションなども流行った時期だったためにグルーポン自体の熱中度も今では冷めた感じがあるものですが、悪質なサイトからしたら格好の餌食なシステムなのだろうか?

内容

  • グルーポンを騙るECサイトが出現
    2013年6月18日(火) 16時32分
    http://www.rbbtoday.com/article/2013/06/18/109232.html
  • 本家グルーポンが注意喚起を促しているとのこと。

    といっても、
    http://www.groupon.jp にアクセスすると、
    その都度、キャンペーンページの http://www.groupon.jp/subscriptions-delp-ognc/?qaf=OGNC_101_1001 等に飛ばされる公式サイトもどうかと思ったりする。

    従来

    偽物のチケットや偽クーポン販売などは、昔から有る手法ではありますが、インターネットサービスが普及したことで、物品の偽者を販売するよりも、悪徳な輩は今後どんどん増えていきそうな予感がする。
    自衛策としてはURLを確認することにつきるますが、モバイルサイトでのECサイト利用は十分に慎重を持してご利用ください。