夏休みや冬休み等の長期休暇シーズンや、年末の連休などにはテレビがつまらないと退屈するときに、
アニメや映画、ドラマなどで時間を過ごす人も多いのではないでしょうか?
ここでは、動画鑑賞が捗るDVD・Blu-rayレンタル情報の紹介です。

通販サイトでDVDを購入・レンタルする場合の気にすべきポイントを紹介したいと思います。
DVDレンタル情報の前に基礎知識から解説します。現在ではCD・DVD・BDが光学ディスクとして普及していますが、BDが普及しはじめたのは2006年以降からでしょうか。

スポンサード リンク

DVDからBDに

現在では、一般的だったDVDよりも容量が大きいので高画質な動画を保存できる媒体としてブルーレイディスクが普及しました。
ブルーレイディスクプレイヤーが数万円していたものが、今では数千円で購入可能で、ブルーレイディスクに書き込みが出来るものでも1万円ちょっとで購入が可能だったりします。

ブルーレイディスクプレイヤーは普通のDVDも再生可能なのか?

ブルレイディスクプレイヤーでDVDを再生可能か否かは機器によってかわっています。
例えるならCDプレイヤーの場合でも、CD-RやCD-RWなども読み書きの対応に幅があるようにプレイヤーによって読み込めないという可能性は在る。
原則仕組みとしてBDとDVDは読み書きの仕様が異なる為、現在は対応している機器が主流というだけです。将来的も個別にブルーレイディスクプレイヤーがDVD再生に対応していないといけないので今後は極力BDを購入した方がメリットは高いと思います。(将来的にDVDをサポートしない製品が出てくる可能性は0では無いため)

映像の画質の今後

日本国内においては、地上波デジタルなどで家庭用テレビも高画質化してきているのでDVDよりもBDの方が高画質で映像を見られることが多いのでDVDのシェアは自ずと狭くなります。
Blu-ray Disc 解像度は最大1080i/60、720p/60

現在ソフトが収録されているディスクはBDが最も高画質ですが、
テレビも4Kテレビなど超高画質方向に転換していく将来図を家電メーカーは描いているようなので近い将来ブルーレイディクでも物足りなくなる可能性は大いにあります。
⇒アマゾンの中古DVD・BDの販売ページ

他の注意点

光学ディスク(DVDやBDのこと)の特徴として規格とプレイヤーの仕様で再生可能だったり再生が出来ない場合がある。
リージョンコード(地域別:国レベル)というものがあったりするので必ずしもDVDプレイヤーでDVDが再生可能と言い切れるものでもない。
荒業としては、PCにデータを抜き出して、別光学ディスクに書き込んで再生するという手法があるにはありますが、最近ではコピープロテクト(ガード)やリッピング禁止という法律があるので色々と気をつけないといけない。
どちらにしても、光学ディスクのデータ寿命は磁気テープよりも早いといわれているので注意が必要だ。

Blu-ray Discの普及の経緯

2000年代に入ってから、Blu-ray Disc(ソニー・フィリップス・松下電器産業(現パナソニック)の陣営)と
『HD DVD(東芝とNEC)』が第三世代光学ディスクの座を争っていた。
きっかけとしては2006年11月11日に発売されたプレイステーション3が、BDをコウガディスクに採用したことが大きい要素としてあります。
このときではあまり家庭用BDプレイヤーは普及していなかった記憶があり、まだDVDプレイヤーや販売されている再生DVDソフトもDVDメディアが主流でした。
この間敵対するXboxは、HD DVD対応だったりと、ゲーム業界のソフトでもどちらが照射になるのかは不明な要素が結構ありました。
アメリカなどで散々争われた挙句結果勝者となったのが、Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)という経緯があります。
2008年に決着がついています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/HD_DVD

通販サイトでDVDを買うなら

最も大きいショップはアマゾンでしょう。
DVD・BDの数であれば、ネット通販に関してアマゾン(Amazon)が最も品数は豊富です。
新作の予約も行っていることが大いため、チェックを欠かす事はできません。
AmazonのBD・DVDラインナップ

⇒アマゾンの特集セールページDVD・ブルーレイ最大70%OFF
他にもアマゾンという通販サイトでは、個人出品のマーケットプレイスによる商品販売も行われているので、既に市場で販売されていない製品が見つかる可能性もあります。

中古販売

最近ではアマゾンが中古DVDBDの販売や買取も行っています。
アマゾンの中古DVD・BDの販売ページ
Yahoo!オークションや、マケーットプレイス出品で転売する方がお得かもしれない。

BD・DVD・CDのレンタル

少し前だとレンタルというとツタヤにいって借りてくるものが主流でしたが
最近では、DMM.comをはじめとするインターネットのレンタルも安く便利になってきています。
近頃は楽天市場のレンタルサービスも品揃えやレンタル価格が安いので決行便利そうです。
楽天市場で DVD・CDレンタル
キャンペーン期間中だとお特に借りる事が可能なので、よくチェックしてみるのが無難でしょう。

変化する動画閲覧の利用形態

購入派かレンタル派か?
或いはオンラインで閲覧する派か分かれますが
オンライン動画サービスも買い切り型とストリーミング型、特定の時間だけ閲覧できるものなど多種多様なので使い勝手が異なります。

従来は生配信サービスは、ニコニコ生放送かUSTREAM程度でしたがコンテンツの滞りが目立っておりあまり一般ユーザーを囲い込めなかった節があります。
しかし、2016年には、アベマTVというアメーバブログとテレビ朝日が合同で提供する生配信サービスも開始されました。
今後もYoutubeや、各社の動画配信サービスは激化する可能性もあり、地上波のインターネット配信も積極的にもくろまれているようなので動画サービスは増える一方だと考えられます。