ottoオットーの通販サイトは以前は
楽天市場や、Amazonで利用したほうが楽だったのですが
最近の在庫状況を確認してみた限りでは
公式サイトの方が商品数は多い感じがする。

ナゼこのような差があるのかは不明ですが、楽天アマゾンで在庫がない場合は公式ECサイトをチェックする事をお薦めします。

スポンサード リンク

ottoオットーの通販サイト

http://www.otto-online.jp/
http://www.otto-online.jp/

ファッション通販・レディース通販のOtto 女性ファッション・服の通販なら
http://www.otto-online.jp/

住商オットー株式会社だったと思ったが、2013年時点では「オットージャパン株式会社」となっている。
ここで売却について触れられている↓
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/2007/20071127_060130.html

公式サイトが便利な理由

アマゾンでの購入の場合でも商品配送は、Ottoからなので配送料金は変わらない様子なのですが、 2013年06月時点では気になることがあった。
なんというか、在庫が、Amazonと、楽天市場で比較しても、在庫が有ると表示されている製品のカラーとの組み合わせが異なっていたりした。
で同一の商品で一応、公式のサイトを見てみたところ、
片方のカラーは在庫無しだったものが、「*月下旬~発送可能」といった表記や、
Amazonや楽天では在庫だったアイテムがあったりした。

Ottoは、公式サイトの方が情報が充実

なんというかOttoは、公式サイトの方が情報が充実している。
アマゾンなどでは、画像の拡大が1枚しかできなかったものが、公式サイトでは全てのカラーが表示できたりと、Amazonで購入しなくても、公式で購入したほうが情報量的にメリットが多い点がある。
今後どこのショップでもAmazonや楽天市場のモールで購入する以上のメリットが公式のECサイトにも出てくるのかもしれない。

全国共通で送料350円はお得だろう。

公式サイトの支払い方法が豊富

Amazonでの注文が『クレジットカード決済のみ』だったりするものが
Otto公式サイトでは、『日時指定』も出来て『代引き』や「コンビニ払い」も選択できる。
返品用の用紙も入っているので公式サイトの方が便利だ。
アマゾンで購入だとここまでは手厚くないと思う。

ottoのデメリット

ottoのデメリットがある。
製品によっては、縫製が甘いものがある。これはなんというか当たり外れがでかい。
しっかりしたものは相当使い込んでも劣化しにくいのですが、商品によっては、簡単に糸がほつれたりする。
たまに非常に残念感が漂うことが有るので非常に残念だったりする。
後色身が大きく異なることがある。
2014年現在度々遭遇する。これは私のモニターが悪いのかどうかは不明だが、表示されているカラーは銀色っぽい色なのに、届いた製品は黒に近いグレーだということがしばし。
素材もイメージと異なるものが届くことがある。
最近の品質はちょっとイブかしく感じるところがあり残念度合いが高まっている。
こうなってくると格安なファストファッションが勢いづくのも理解できる。
GUジーユー オンラインショップについて

ottoの対象ユーザー

たまたま検索していて見かけた表記が40代~女性向けがターゲット層らしい。
ただこればっかりは商品によるかなという感じもなくはない。