スカイプアップデートで小ざかしいことするマイクロソフト(MSNやBing)
マイクロソフトがスカイプを買収していたことは知っているのですが、マイクロソフトの検索エンジンであるBingの押し売りが邪魔臭くて面倒くさい。
そもそもマイクロソフト社が運営するポータルサイトMSNがいまいち見にくい・
メールサービスの検索機能弱い・フォルダ管理しにくい
他etc使いにくくて元々利用頻度が低い点をどうにかしろと思う。

昨日位にアップデートしろと表示されたのですが
『Bingを規定サイトにするか』
『スタートページをMSNだったか、BINGだったかにする』というチェックボックスが表示されていて
二つともチェックが入っているのがデフォルトになっていたので
慌ててチェック外した。(スクリーンショットは撮った筈なのですが紛失していた。)

スポンサード リンク

スカイプのバージョン

skype 7.2.0.103が現在のバージョンだった。
skype 7.2.0.103が現在のバージョンだった。

これ以前のバージョンから自動アップデートを行うと、Bingを促してくる。
アップデートする人は、よく見てアップデートを行わないとアンインストールしたり設定元に戻す無駄な作業が増えることになります。
スカイプ公式サイト:http://www.skype.com/ja/

どこかの糞ソフトのように、削除しても設定しなおしてもBing表示が改善しないということはないと思いますが・・・・
http://search.conduit.com/とブラウザに表示される(Search Protect)→削除方法これには手こずった。

邪魔臭いマイクロソフト

このままだとマイクロソフトもスカイプも嫌われることになると思うのですが、
adobeのアップデートも毎回何処かのセキュリティーソフト合わせてダウンロードするがチェック入っていたりするし、本当呆れる。
こないだもWindowsアップデートでBingのソフトインストールさせようとしていたりしたのでしつこい感じが日に日に増していく。

検索エンジンとしてのマイクロソフト

2010年12月にYahooJapan!がGoogle検索エンジン搭載したことでかれこれ5年間ずーっとGoogle検索がネット検索の神かのごときシェアを占有している日本。
bing検索は英語圏などだとシェアは、あるようですが(Yahoo.comはbing搭載だったはず最新事情は不明)
日本のマイクロソフトこのままだと嫌われ者になる一途に思う。

上位表示の荒業

SEOでは無い方法?ですが、最も検索結果上位に入る正当な手法について
検索結果1ページ目に表示させたければ、広告出稿すれば間違いなく検索結果の1ページ目に表示される(笑)
検索結果から下落する⇒Google神による、PPC広告に出稿しろやという脅しに思えて戦慄する。(広告出稿キーワードや組み合わせでも結構表示させれる単価が高杉で利益回収できるか難易度高いですが・・・)
bing人口増えないかと期待するものの、ここ5年間Bing人口は増えていない、。
Bingの検索結果だと、割と狙っているキーワードでは上位なんだけどなぁと、ただ指をくわえてマイクロソフトが検索シェアを握れるのかが気になるのでした。
(多分今のままだと当分Bingにシェアは日本では無理な気がする。)