CPUのベンチマークを購入前に検討できるサイトがあったのでメモ。

スポンサード リンク


AnandTech   Bench - CPU
AnandTechのベンチ ベータ版
http://www.anandtech.com/bench/Product/85?vs=289

英語なのですがグラフ表示してくれるので便利だと思います。

ベンチマーク 評価
SYSMark 2007 – 総合
SYSMarksのスコア – 高等が優れている

SYSMark – 2007 E -ラーニング
SYSMarksのスコア – 高等が優れている

SYSMark 2007 – ビデオ作成
SYSMarksのスコア – 高等が優れている

SYSMark 2007 – 生産性
SYSMarksのスコア – 高等が優れている

SYSMark – 2007年3
SYSMarksのスコア – 高等が優れている

Adobe PhotoshopのCS4 – レタッチアーティストスピードテスト
時間を秒単位で – 下部が優れている

のDivX 6.8.5エンコード(Xmpeg 5.0.3)
時間を秒単位で – 下部が優れている

x264はHDのエンコードのテスト – 1回目 – x264の0.59.819
秒あたりのフレーム数 – 高等が優れている

x264はHDのエンコードのテスト – 第2パス – x264の0.59.819
秒あたりのフレーム数 – 高等が優れている

Windows Mediaエンコーダ9 64
時間を秒単位で – 下部が優れている

3dsmax R9は – SPECapc 3dsmax 8個のCPUテスト
CPUはコンポジットスコアレンダリング – 高等が優れている

3dsmax R9の – SPECapc – ラジオシティ
秒単位でレンダリング時間 – 下部が優れている

3dsmax R9の – SPECapc – 玉座Shadowmap
秒単位でレンダリング時間 – 下部が優れている

3dsmax R9の – SPECapc – CBALLS2
秒単位でレンダリング時間 – 下部が優れている

3dsmax R9の – SPECapc – SinglePipe2
秒単位でレンダリング時間 – 下部が優れている

3dsmax R9の – SPECapc – 水中
秒単位でレンダリング時間 – 下部が優れている

3dsmax R9の – SPECapc – SpaceFlyby
秒単位でレンダリング時間 – 下部が優れている

3dsmax R9の – SPECapc – UnderwaterEscape
秒単位でレンダリング時間 – 下部が優れている

Cinebench R10は – シングルスレッドベンチマーク
CBMarksのスコア – 高等が優れている

Cinebench R10は – マルチスレッドベンチマーク
CBMarksのスコア – 高等が優れている

POV – Rayの3.7ベータ23 – SMPのベンチマーク
PPSの内のCPUのスコア – 値が大きいほど優れている

par2の – マルチスレッドpar2cmdline 0.4
時間が回復57.2メガバイト秒で707.5メガバイトアーカイブから – ローワー優れている

Blenderの2.48aの文字のレンダリング
時間を秒単位で – 下部が優れている

モンテカルロシミュレーションを – マイクロソフトでは、2007 SP1では、Excelの
時間を秒単位で – 下部が優れている

ソレンソンスクイーズプロ5 – Flash Videoの作成
時間を秒単位で – 下部が優れている

WinRARの3.8圧縮 – 300メガバイトアーカイブ
時間を秒単位で – 下部が優れている

放射性降下物3 – 1680 x 1050 – 中品質
秒あたりのフレーム数 – 高等が優れている

Left 4 Deadの – 1680 × 1050 – 最大の設定(昭和AA / AFで、/垂直同期)
秒あたりのフレーム数 – 高等が優れている

ファークライ2から1680 × 1050 – 再生(アクションシーン) – 中品質
秒あたりのフレーム数 – 高等が優れている

Crysisの弾頭 – 1680 x 1050 – (エンスージアストの物理学)の主流品質 – 突撃ベンチ
秒あたりのフレーム数 – 高等が優れている

アマゾンAmazonで『パソコン・周辺機器』を検索する