今まで都内だけでも結構な数引越ししたのですが、単身で物が少ない場合はいいのですが、1Rよりも大きい規模の引越しとなると準備も手間もかかるものです。

そこで重要になる、引越しの見積もりで最も重要な注意ポイント

引越し見積もり

引越しは、大手引越し業者と中小の地元ごとの引越し業者が存在しています。
大手だと、クロネコヤマトや佐川引越センターなどがありますが、サービス内容は充実していますが、価格が高いという点が目に付きます。しかし各地域に支店が存在しており、単身での小荷物ようのプランなども容易されているので、色々なシーンで重宝できます。

中小の引越し業者は、地域ごとに変わってきますが、大手と比較すると、価格が安いのが特徴です。ですが、長距離での引越しや大い荷物などの場合は若干サービス内容が 業者ごとに気になってしまうものです。

見積もり件数は最低3件

これらのことから、引越しの見積もりは最低でも実際に3件は実際に下見で料金見積もりの比較を出してもらった方が無難だといわれています。

  • 引越しの荷物の量と
  • 引越し先までの距離
  • 引っ越す前の物件と、引越し先物件との建物の配送がスムーズに行えるのか?
  • 運搬物に特殊なものが無いか?
  • これらの事で引越しの金額は変わってきます。
    業者によっても得意不得意な案件はあるようで、実際に来てもらって比較してもらうことで大きな引越し代金の金額に差が開くこともあるので引越し見積もりは最低限3件はとってもらうことが確実に損せずに済みます。

    引越しの基本は下見で見積もりが出ます。webから問い合わせると大抵電話が掛かってくるので下見日時の予約というプロセスになります。契約するとなるとダンボールなど梱包に必要な箱類を用意してくれる業者もいますがあまりに多い場合は有料でということにもなります。
    荷物の量が多い場合の引越しでは、やはり下見を何件か見積もりを取ってもらったほうがよいので、複数件見積もりをとってもらっておいたほうが無難だといえます。

  • Page引越し比較について
  • 「引越し」の記事一覧