猫が監視防犯カメラ設置について
窃盗や、傷害など様々な事件で犯人逮捕の有力な証拠となるのは顔や特徴などが解る記録が最大の材料だ。
しかしスマートフォンで撮影していた李することが必ずできるとは言えない
つまり必要になるのは、防犯カメラの設置である。

防犯カメラの設置の必要性

事件に巻き込まれたとき。
犯人は逃亡することが殆どだ。
犯行を終えると逃亡するため犯人の証拠が無いと被害届の出しようがない。
金銭を奪われたりした場合でも、犯人の手掛かりとなる材料が無ければ逮捕に至ることは困難になる。

地域防犯カメラ
近年、連れ去り事件や各種事件・事故・などで防犯カメラが犯人を特定することで
被害者を保護できるケースなどが増えている。
これは、防犯カメラが安価になったことで小売店や個人住宅での設置が容易になった
結果として監視が機能している
防犯カメラの数が増えたことは治安にもプラスで良い効果が出てきている。

叫び声や大きな音がすることで監視カメラが作動するようにしていれば事件などを防いだり加害者の逃亡を阻止できる可能性が高くなる。

犯罪者は犯行に及ぶ際には見つからないように場所と時間とタイミングを考えて行動に及ぶ
防犯カメラが有る地域と
防犯カメラを設置していない地域。
どちらが安心して暮らせるのかは一目瞭然だろう。
犯罪率もどちらが高くなるのかは容易に想像がつく。

防犯カメラ 増設
日本では電柱が沢山張り巡らされており街中に監視カメラを設置するのは容易だと言える。

監視機能
犬などを番犬として飼うことも
森と魚の目