トランス脂肪酸

外食

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸とはマーガリン、ファットスプレッド、ショートニング等を作る際に発生する成分。これらの品に大量に含まれるとされており一定量を摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増えて心臓疾患につながったりアレルギーを引き起こす...
食品

マーガリンは何が危険なのか?(トランス脂肪酸の問題)

バターの代価製品として使われるマーガリン昭和の時代には、健康・安価というイメージで販売されていましたが、2000年代には、欧米や欧州などでは禁止される所も出てくる始末。 トランス脂肪酸の問題でマーガリンが危険視されていますが、一体何が危険なのかを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました