ガラケー(ガラパゴス携帯・フューチャーフォン等と言う呼称の旧式の携帯電話)かスマートフォンについて、ガラケー50%~60%の割合に対してスマートフォンは40%~50%らしいのですが、ひとまずガラケーの比率は高い様子。 しかし通話料な全体的な月額料金、モバイルインターネットのあり方などから考えると実態は不気味な状態になってきている上に、分かりにくいサービス内容になってきているのは確かだろう。