PCケースについて

PCケースはパソコンの基盤などを収納している箱のこと。

PCケースの特徴

アルミニウムやステンレスで出来ており外装にプラスチックのようなカバーが付いているものが主体。
ハードディスクやマザーボードはネジで固定している。
電源も収納しているため静電気や水との相性はよくない。
埃なども溜まりやすい為定期的な掃除が必要であり、キツキツになるようなケースよりはゆとりがあるサイズのパソコンケースの方が長年使うのには利便性に長けている。

PCケースのサイズ

ATXかmini ATX
一般ユーザー向けのPCケースは、マザーボードの形ATXmini ATXサイズの物が販売されておりATXサイズのものにminiATXは収納できますがこの逆は収納できない。
電源も収納位置やサイズが適したものを載せないといけない為注意が必要だ。
PCケースの幅にゆとりがないと大きいサイズのグラフィックボードが収納できないことも有る。

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター

PCの天敵ホコリとヤニ汚れ

自作PC

PC汚れの天敵として ホコリとあれがある さらに痛いのが、ホコリ重畳してさらに強みを増すヤニ汚れである。 とにかくヤニ汚れはPCにとっては半端じゃない天敵です。 ヤニがホコリに絡まることで、エアーでは吹き飛ばすことができ・・・

PCケース選びは慎重に

自作PC

PCケースの価格は、数千円から買えるものから、2-3万円するものまであります。 PCケースは格安PCを組もうと思ったときに、どうしてもコストを削ってしまいがちな部位です。

ページの先頭へ