レスポンシブウェブデザイン(Responsive Web Design)とは

レスポンシブウェブデザイン(Responsive Web Design)とは、1つのWEBサイトのデザインを各種端末ごとに異なる画面サイズの場合でも適したサイズで表示させる手法の事

メリット

レスポンシブウェブデザインを使うと

  • CSSなど用意するのは1つのデザインで良い為管理は楽
  • URLがモバイル・スマートフォン・PCなど統一して表示可能
  • デメリット

  • レスポンシブWebデザイン作成の知識が必要
  • モバイル端末でもPCと同じデザインを読み込むため遅くなりがち
  • 外部の画像バナーなどを調節するのが手間
  • レスポンシブデザイン確認ツール

    ホームページ

    レスポンシブデザインをWEBで確認ツールのメモ。 ここではURL入力だけで確認できるサービスの紹介です。 スマートフォンやパソコン、タブレット端末などで表示した場合に どのように表示されかをすぐに確認できるサイト。

    ワードプレスのスーマトフォン化

    WordPress
    ワードプレスと書かれた文字のロゴ

    ワードプレスのスーマトフォン化について紹介します。 WordPressもスーマトフォン化させていないとGoogle検索から下落させられる可能性があります。 もしも今の時点で対応が取れていない場合にはそのサイトのPV数は激・・・

    WordPressのおすすめテーマ(テンプレート)レスポンシブウェブデザインとSEO対策に対応済

    WordPress

    WordPressのおすすめテーマ(テンプレート)レスポンシブwebデザインと SEO対策に対応済の無料テンプレートを紹介します。 今まではwptouchとかKetaistyleといったプラグインで、WordPressを携帯端末などように表示していたのですが、2012年度以降頃から、レスポンシブwebデザインに対応したthemeが出てきたので、『PC端末以外のサイズの画面向けに表示させるデザインを用意すること』これは比較的容易になった。

    ページの先頭へ