ワードプレスのスーマトフォン化について紹介します。
ワードプレスと書かれた文字のロゴ
WordPressもスーマトフォン化させていないとGoogle検索から下落させられる可能性があります。
もしも今の時点で対応が取れていない場合にはそのサイトのPV数は激減する危険性を含んでいます。
Googleのアルゴリズムが発動するのは、4月21日とのことですが、大体毎回前後して徐々に行われるため、早めの対策が必要です。

スポンサード リンク

WordPressをスマートフォン化する

WordPressでスーマトフォン対応させるには、元々WordPressに入っている公式のTHEMEを用いれば簡単にレスポンシブwebデザインに対応可能です。
レスポンシブwebデザインの特徴としては、
ヘッダーのナビゲーションバーやサイドバーが折りたたまれる仕組みが一般的です。
記事コンテンツは、横幅が自動で閲覧者の液晶ディスプレイに伸縮されて表示されます。
他にもWPtouchというプラグインを用いることで携帯電話向けのデザインを表示させることも可能ですが、
2015年現在においては、レスポンシブデザインの方が楽だと思います。

  • stingerや、
    WordPressテーマのSTINGER3公式サイト http://stinger3.com/
  • STINGER5 – WordPressのはじめ方や使い方 http://wp-fun.com/
  • 他各種無料で使えるレスポンシブデザイン対応のテーマ(テンプレート)は存在しています。
    どれが良いかというのは一概にはいえませんが好みで色々と探してみてください。

    接続エージェントで表示切替

    別個接続端末ごとに
    エージェントIDで、別個に表示させることが出来るTHEMEを切り替えて自動表示させるプラグインがあったりします。

    AMP化

    2016年度時点ではニューサイト等を対象に、AMPという技術に対応したモバイル表示が普及してきています。
    無料ブログだとアメーバブログや、はてなブログが導入済み。
    WordPressだとプラグイン一つで機能は追加可能ですが、
    クラウド型のサービスだとエラーが多い。
    レンタルサーバー型でも導入には知識が必要になります。

    お勧めの記事