SEO対策について。

  1. “SEO”は検索エンジン最適化
  2. “SEO対策”は、検索結果で上位表示させる為の対策方法になる。
  3. 検索エンジン最適化したからといって必ずしも上位表示されるわけでもないため、
    『SEO対策』が必要になる。

『SEO対策』そのものも基本的にGoogleの検索エンジンのアルゴリズムは200以上存在しているとされており、全部が公開されているわけではないため、仮定や検証の上で対策は行うことになる。

“SEO”は検索エンジン最適化

SEOの検索エンジン最適化については以下のGoogleの解説でも読んで覚えるべき。

ウェブマスター向けガイドライン
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hlrm=jp

基本的にクロールされやすい構造や、altタグやサイト全体の構造きちっとしろということが書かれている。
YahooJapanも2010年12月以降からGoogle検索エンジンを採用しているのでYahooの検索最適化もGoogle最適化に準じる。

他に主要な検索エンジンでは、マイクロソフトのBingがありますが、あれだけは結構異なる。
BINGの利用率は、英語圏だとシェアはあったと思いますが、日本では5パーセント未満だと推測される。
naverの検索エンジンも日本語から撤退したのでもうめぼしいものは無いと思う。
SEO対策はGoogle検索対策
GOOGLEが日本の検索エンジンで実質9割以上絞めている。
Google検索に最適化されていないサイトは自滅行為でしかない。

“SEO対策”上位表示対策

SEOとは異なり『SEO対策(上位表示対策)』に関してはGoogleは基本的に非公開です。

もしもGOOGLEが。上位表示できる方法のを公開していたら検索エンジンが明かしていたら
SEO対策業者や悪質なサイトが上位を独占することにならかです。
Googleが公認するのはコンテンツを作れということや良質なコンテンツを作れという程度です。
稀に一部だけ公開したり語ったりしていることもある。(https化や、モバイルユーザビリティー等)
他にも、一部公開していたり過去に流出した事例はありますが、Google検索のアルゴリズムは毎日変わっているのか検索結果も日々変わっている。朝と晩でも異なることも在る。
Googleの裏をかく裏技は存在しない。

Googleの検索結果で上位表示できない原因と対策

YahooJapanも検索エンジンのシステムにGoogle検索を採用している為、
実質的に、検索エンジン対策はGoogle検索を基準に考えることになる。
これで検索エンジンのシェアは9割強しめているからだ。

  • 上位表示できない理由
    これは、単純に競合サイトの方が強いという要素が大きい。
    文章量や中身、滞在率など、が極端に低いと、価値がない・薄い・コンテンツだと判断できる。
    被リンクが増えないコンテンツページは改善すべきだ。
  • 上位表示できない理由として被リンクに原因がある場合。
    過去にリンクを購入していたりすると、ペンギンアルゴリズムで、引っかかっている可能性がある。
    この場合は改善させるまで上位に表示されることは無い。自分のサイトにはられている被リンクを確認する事はwebマスターツールで調べる事ができるので要チェックです。
  • 対策方法
    ナチュラルリンクが得られるように工夫する。(ソーシャルメディアの拡散ボタンの設置・ソーシャルメディアで自分でシェアする等)
    過去きじの鮮度も問題。古い今現在正しくない内容などは、随時更新すべきだ。
  • SEO対策の種類

    • ホワイトハット
    • ブラックハット

    ホワイトがセーフで
    ブラックがアウトな方法。
    あとグレーゾーンな所を走る場合もある。
    ブラックの場合警告すらこないで、最悪Google検索の結果から吹き飛ぶおそれもある。

    ホワイトハットSEOの対策

    ホワイトハットは「良いコンテンツ作る」とだけ言う人は信用できない。
    コンテンツは必要。
    ただし誰しもが、素晴らしいコンテンツや面白いコンテンツを作れるはずが無いというのは分かる。
    今後コンテンツが作れないサイト運営者は残念な事に検索エンジンの結果では勝ち残れない。
    結局被リンクが後々増えないのであれば、検索結果では上位にヒットすることがないのだ。
    コンテンツを作れない人は、PPC広告などに出稿するか他の方法を探すしかない。
    それでも
    ⇒PPC広告すらしない
    ⇒ソーシャルメディアも全く利用しない
    ⇒アフィリエイトASPに出稿しない
    これだとPV数やユニークユーザー数が増えることは絶対にない。
    検索結果でも上位に表示されることは無い。
    他に泥臭い方法でオフラインで集客するか、
    たまたま、マスメディアに取り上げられることでもない限り閲覧者が増えることは先ず無いのだ。

    コンテンツだけでは上位表示できない。

    良質なコンテンツ作ってもらっても結果的には被リンクが増えないと、Google検索が上位表示させる筈が無い。
    結局Googleはリンクで評価している。
    だからといって自演リンクをはったりするのは愚の骨張。
    もしも被リンクゼロソーシャルサービスで全く拡散されていないページが上位に表示される事例があったら見てみたい。
    ドメインの規模が大きいと特定のページだけが被リンクがなくともサイト内のリンクジュースで上位表示される可能性はありますが、普通は有り得ない。
    Naverまとめが上位に表示されているのは
    サイト規模だったりページ数、閲覧ユーザー数 シェアされている数など全体的に多いからだろう。

    コンテンツとは何なのか?

    ・テキスト記事
    ・写真画像
    ・イラスト
    ・動画
    ・音楽など
    全て揃って無くてもよいのですが、
    テキスト記事すら薄いサイトは多い。(文章量が少ない)
    写真や画像に文字いれるだけのサイトは意味が無い。
    画像に書かれた文字をGoogle検索は読み取れないのだから。
    検索エンジンはテキスト記事を見るのだ。
    テキストが薄いのに検索結果で上位に出ないという事例はコンテンツが薄いことに気づいていない。
    Googleが薄いサイトを評価できる筈が無いのだ。(代わりに動画や写真などがある場合は別)
    コンテンツが有って自然な被リンクが継続して増えるサイトが検索結果で上位に来るというのがホワイトハットのSEO対策です。

    ブラックハットSEOの対策

    ホワイトの反対でブラックSEOの手法。

      よくあるブラックハットなSEOの典型パターンとして

    • 被リンクは張りましょう。(業者のリンク)
    • サテライトサイト作りましょう(自演リンク)
    • など。
      他にも様々なブラックな手法は考えられる。

    ブラックハットは一時的に効果があったとしても、上位表示の効果が出る以前に
    最悪、警告がきたり、検索結果が転げ落ちるリスクがある。
    近年のパンダアップデートペンギンアップデートなどで駆逐されたサイトも多い筈だ。
    Googleも常に変化しているので今通じるブラックハットの手法があったとしても、何れ対策とられるのがオチなのだ。
    ブラックハットは、お勧めしない。するなら自己責任で。
    ドメイン捨てる覚悟がある人だけ手を染めてください。
    会社サイトやECサイトだと命取りになるリスクがあるのでハイリスクです。


    I/51ju%2BdulnwL._SL500_.jpg” alt=”効果がすぐ出るSEO事典” align=”right” border=”0″ />

    効果がすぐ出るSEO事典

  • 著者: 株式会社ユナイテッドリバーズ 岡崎 良徳
  • 出版社: 翔泳社
  • 発行日:2016-01-29
  • 効果がすぐ出るSEO事典