ワードプレスのバックアップについて。

ワードプレスのロゴと文字

WordPressは、記事のデータなどはデータベース(Mysql)で管理されている。
FTPソフトでダウンロードすることは出来ない。
FTPでダウンロードできるのは、WordPressで使われる基本的なPHPファイルか、THEME(テーマというテンプレート)や、プラグイン。もしくは画像ファイルだけだ。
このため、データのバックアップは別個行わないといけません。

スポンサード リンク

データペースのバックアップ

これは、レンタルサーバの管理画面からログインするタイプ。
使っているサーバーのヘルプなどに説明が掲載されていることが多いのでヘルプで検索していただきたい。

wpXなどは、簡単に数日前(7日分)のデータベースのバックアップをダウロード可能なサービスも存在する。
(ただしカスタマーのサポートが手薄い。Sovaのが気楽)

プラグインでバックアップ

プラグインでデータベースのバックアップをとってくれるサービスもある。

殆ど英語のプラグインしかないのですが、
最もシンプルで操作が分かりやすいのが、
BackWPUp等
これはワンクリックでダウンロード可能です。

外部のサービスでバックアップ保存する

外部サービスでバックアップを取る

このサービスでもバックアップが取れるらしい。
3URLまで無料で使えるとのこと。

記事データのみエクスポート

記事データだけでよい場合は、WordPressの管理画面から、記事エクスポートを行えば記事データはバックアップがとれる。
このエクスポートデータがあれば、大抵のことが無い限り復元しやすい。
データベースほど各種プラグインの設定データなどは引越しできませんが、記事エクスポートデータだけで取れているといざというときに助かります。

お勧めの記事