wordpress(ワードプレス)とはCMS(コンテンツマネージメントシステム)の1種類のサービスこと。
ワードプレスのロゴ
CMSは、webサイトで、気軽に編集したりweb上に投稿が可能なサービスで、ブログや掲示板・SNS等を簡単に作ることが可能なサービスを意味しています。
WordPressはオープンソースなので、無料で使うことができます。

スポンサード リンク

WordPressを使う理由

CMSの中で他に有名なムーバブルタイプなどは商用で利用する際には、ライセンスが有償だったりするため、
1円も利用する料金が発生しないWordPressの方がお得です。
WordPressは世界中でもかなり普及していることが特徴で、WordPressであれば探せば行いたい目的に近いプラグインが殆ど存在するため、カスタマイズしやすいことがメリットだと言えます。
テンプレートの雛形であるテーマもたくさんありますし、サイト内部のSEO対策が最初から揃っているテーマも多いので非常にメリットが大きいのがワードプレスの特徴です。

WordPressはブログなのか?

WordPressはブログだと言い切る人も居ますが、ホームページと呼ぶべきなのか?
wordpressというと誰もが「ブログでしょ?」という人が多いかも知れませんが、固定ページを旨く使用することで、コーポレートサイトのようにも作る事が可能です。
WEB siteという方がしっくり感じますし、ブログも作れるけどホームページ風(HTMLサイト風)のサイトを作成することも可能です。
結局のところ、WordPressは、CMSなのだという事が適切だと考えられます。
ここではWordPressについて詳しく説明します。

wordpressのダウンロードとインストール方法。
レンタルサーバーの比較(WordPress向け)

wordpress ダウンロード

wordpressのダウンロードは公式サイトから行う必要があります。

最新の WordPress 日本語版 は下からダウンロード可能です。
https://ja.wordpress.org/
ダウンロードしたファイルは、zip形式ですので解凍するとフォルダで表示されます。

この開いたファイルをFTPソフトを用いて仕様するレンタルサーバーにアップロードしないといけません。

アップロードするソフト

FTPソフトは、FFFTPが有名ですが
エラーが多いことがあるため、
個人的には、FileZiraを愛用しています。

  • FFFTP – 窓の杜ライブラリ http://www.forest.impress.co.jp/library/software/ffftp/
  • FileZilla プロジェクト日本語トップページ
    http://sourceforge.jp/projects/filezilla/
  • どちらでも好きな方でよいと思います。

    wordpressのインストール

    前提として、レンタルサーバーのPHPのバージョンと、MySQLが使えるサーバーだということを調べておいてください。
    ロリポップ(月額263円~)などでも利用可能です。
    wpXなどのクラウド型だと、簡単にインストール可能な仕組みが最初からサーバーが提供しているため、Mysqlを気にすることなくWordPressを開始する事が可能です。
    Mysqlの管理やバックアップデータの移転などは公式が非対応のレンタルサーバー会社が殆どです。
    このため、あまりWordPressに特化していないサービスを利用するのは、2015年時点ではあまりお勧めできません。
    せめて簡単インストールのようなサービスを提供しているところで利用したほうがよいと思います。
    ロリポップやエックスサーバー、さくらインターネットなど他多数(かなりの数)でWordPressのインストールは可能です。

    お勧めの記事

    アフィリエイトで稼ぐならアフィリエイトBを勧める理由