アフィリエイトというと最も認知度が高そうなGoogleAdsenseですが、「1pvあたり、アドセンスで幾ら稼げるのか?」ということについて。
大体PVあたり0.1-04円くらいが殆どなのではと思える金額です。
中には1PV1円以上稼げているという人もいますが、キーワードでクリック単価が異なるため、
一概にどの程度の金額なのかというのは判断できない。

スポンサード リンク

1PV辺りで稼げる金額差が出来る訳と仕組みについて

どうして人によってこれほど差ができるのかというと、
これは単純に作っているサイトのテーマが異なるからだと考えるべきだ。
出稿する場合の、アドワーズで考えると分かりますが、オークション形式で出稿されている。
高い金額でも出稿したいキーワードであれば、
必然とアドセンスを掲載している人の1クリック辺りの報酬も高くなる。
(ちなみに、Googleとサイト運営者の比率は半々程度だったと思います)。

このことから、FXのサイトを作っている人のアドセンスの利益率は高いでしょうし、
逆にアニメレビューサイトなどに掲載している広告として表示されるものは単価が安いものが多いのではないだろうか?
アドセンス広告に出稿する企業から考えると、アニメジャンルだと、一致する広告が考えにくいのだ。
この辺りの入札単価の相場はPPC広告に出稿しないと大体の数値すら把握できない。

クリック単価が高いと予想されるキーワード

  • 金融サービス:金融系(クレジットカードやローンや保険)等は広告出稿するにも単価が高いため、
    アドセンスの報酬も1クリックあたりの金額が高くなりやすいキーワードだ。
    当然クレジットカードなどで検索上位に入ることも難しいため、金融商品のサイトを作ったからといって簡単に稼げるものでもない
  • 美容系
    美容系のコンテンツも報酬率は高そうなジャンルだ
    エステや脱毛、痩身など、サービス料金が高いために自ずと広告単価も高い価格でオークションされている。
    当然クリック単価も高くなる。
  • ただ注意したいポイントが、薬事法や、広告に関連する表現の方法などでアドセンス規約に触れてしまう危険性が高いジャンルだ。
    アルコールと同様この美容系の記事には十分注意する必要がある。

  • 不動産
    不動産広告だと、直接の契約に結びつくかいなかよりも、資料請求などがゴールだとは思いますがアドセンスの広告単価は高いのではと思う。
    3月4月は新社会人や大学に入る人などで不動産他引越しなども過多になるシーズンだったりする。

1pvあたりのアドセンスの収益の差は、1クリックあたりの金額によるもの。

どちらにしても1クリックの広告単価はジャンルや季節に左右されるものが多いため、サイトに掲載している記事の内容で、利益率は大きく変わるといえる。
1クリックあたり、40円と、
1クリックあたり300円だと、
7倍以上の差が出来る。
1pvあたりの収益率が変わるのは必然なのだ。

そもそもどういう広告がクリックされたのかはアドセンス運営者には分からないため、漠然と調べていくしかない。
WEB検索してみたところ 
1PV0.5円の人もいれば
1PV5円というサイトも見つける事ができる
ひたすら記事書き続けれるジャンルで進んでいくか、他のジャンルの記事も書いていくか工夫する必要がある。
アフィリエイトで稼ぐならアフィリエイトBを勧める理由

運用方法
  • 専門サイトか?複数ジャンルか?
  • 1ドメインあたりで1つのテーマで記事書いていくのか?
  • もしくは複数のテーマを1つのドメインで書いていくのかは
    メリットが異なる。

1ドメインで作るのは、ページ数がたくさんかけるテーマであればよいのですが、
数十ページで終る場合は、
1つのドメインで集約して作成していた方がメリットは高い。
最近で検索エンジン上での文字数が多い方が検索結果の上位に行くような兆候があるため、結果として薄いページをたくさん作るのではなく、
1つのドメインで複数カテゴリーに分けて運用したほうがメリットがあると考えられる。

SEO的に考えて、ブログやサイトの記事の文字数は何文字が良いのか?

ブログで食べてけてる。: サイト開設9ヶ月で15万円稼ぐようになった僕のやり方。恋人の別れ、友人との起業、倒産。海外で無一文・・・。全てがあったから、今がある。

  • メーカー: 藤沢篤
  • 出版社: null
  • 発行日:2015-12-30
  • ブログで食べてけてる。: サイト開設9ヶ月で15万円稼ぐようになった僕のやり方。恋人の別れ、友人との起業、倒産。海外で無一文・・・。全てがあったから、今がある。