ワードプレスのカスタマイズ方法について解説している記事です。

WordPress-4

ワードプレスのカスタマイズは、テーマを変更したりプラグインを追加することで簡単に外観を変更することが出来ます。
日本国内のSEOに最適化されているテンプレートとして有名どころは幾つか存在しているため、
似たようなデザインはイヤだ!とおもった場合には、CSSの修正やカスタマイズの知識が必要になります。

スポンサード リンク

スタート時

WordPressのデフォルトのテーマを改造するにはかなりの知識が必要なので
内部構造のSEOが既に対策済みのワードプレステーマを追加することをお勧めします。
WordPressで無料で使えるSEO Theme(テーマ)

上級者のカスタマイズ

ワードプレスのカスタマイズ方法は、他にもデザインだけでなく、内部構造を変更したりするには、PHPやワードプレスの関数に関する知識が必要になります。
このためプログラムや、HTMLの知識が元々無いひとには上級なカスタマイズは不可能ですが、
基本的には、テンプレート(テーマ)やプラグインの変更だけで独自のデザインに変更できるのでワードプレス初心者の人は、じっくり始めるのが無難です。
ワードプレスのThemeを自作することも可能ですので、PHPが得意だと言う人はチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

1からTheme改造するには、パンくずリストの設置や、パーマリンク変更、サイトマップページ作成、リンク構造など色々と行うべきことは多いです。

参考になるもの
め組の大名行列 テーマなどはCSSなどを自分で組んでいくタイプのカスタマイズ用テンプレートです。
参考:め組の大名行列<s>http://ja.megumithemes.com/themes/4312リンク切れ

カスタマイズの注意点

Themeの修正をするときには、データのバックアップをとってから行ってください。
phpファイルを変更すると、ワードプレスの管理画面が真っ白になったり
ログインできなくなる可能性があります。
サイトが表示されないこともありますが、この場合には大抵元のthemeをFTPソフトで上書きすることで、元通りに修正されます。
Themeディレクトリのバックアップは取っておいてから編集作業すべきです。

wordpressで使うと便利なプラグイン

お勧めの記事