石鹸シャンプーを使うと髪がギシギシになります。
この事を回避するためには、
男性であれば坊主頭にでもすれば、生えてくる毛は石鹸シャンプーのみの影響しか受けないので、比較的スムーズに石鹸シャンプーに慣れることが可能なようです。
ただし普通に女性の場合はセミロングや、ロングの場合、あるいは染髪していたりすると、石鹸シャンプーに慣れることは相当難しいです。

石鹸シャンプーの最大のハードル

石鹸シャンプーを使う問題では2点ある

  • 髪がパサつく
  • 石鹸カスが多い
  • 慣れるには

    普通に無添加の石鹸シャンプーに慣れたい場合
    まず普通の洗髪をしていた髪は一般的なシャンプーに含まれる科学物質によって汚染されています。
    シャンプーに含まれている様々な聞いたことも無いような成分を使うことで髪の毛の仕上がりを良くする為だけに、毛髪を散々傷つけていることは諸説色んな書籍に記されています。
    この為、無添加の石鹸シャンプーには髪を保護する機能は一切無く、単純に洗髪の為だけで、天然の髪質を保つためだけの物ですので、普通のシャンプーで汚染された髪の毛だと、様々な障害が出てくるのです。

  • 髪の毛が長い場合
  • できる限り、石鹸シャンプーに慣れる為には元の髪の毛を切った方が楽です。
    極端にショートカットなどにしてもそのごわつきや石鹸シャンプーのデメリットは大きいのですが、やはり元の髪は極力少なくしたほうが無難です。
    元の髪の量が少ないほど石鹸シャンプーに慣れる期間は短くてすみますし、逆に元の髪の毛が長いとそれだけ石鹸シャンプーに慣れる期間は遠のいてしまいます。

  • 髪の先端を切る。
  • 髪の毛の先端はダメージが大きいので、極力切った法が無難です。
    ひとまず下準備としてはこの程度です。
    つきが、洗髪するための石鹸シャンプーについてです、

    石鹸シャンプーになれる荒業

    • 坊主にする。
    • 無添加石鹸で洗い続ける

    これでOK。
    坊主にするのなんて無理という場合は、カラーや縮毛矯正している部分をカットすること。
    これが嫌という場合はカラーや縮毛矯正・パーマなどを長い期間当てないほうが良い。
    毛は頭皮から出ている部分は従来、添加剤入りのシャンプーやリンスを用いることで少なからずダメージを帯びている。
    他にも紫外線やetcな外気のダメージも要因としては存在する。このため、頭皮を一度坊主頭にしてから生えてくる毛だけを無添加の石鹸か石鹸シャンプーで洗えば、添加剤のダメージは付与されない、または髪の毛のゴワゴワ感に悩まされることは無いので、坊主頭にやってやる!という人がいればお勧めしたい。
    石鹸シャンプーが髪に悪いわけではなく、今生えている髪の毛がダメージだらけなので髪が石鹸シャンプーだとゴワつくのです。
    一度全て生えている髪の毛を切って新たに生えてくる髪の毛は健康そのものの毛質なのですが、長いこと巷のシャンプーやトリートメント、パーマなどを当てるとダメージで変質するので根本的ことを自覚するべきです。

    注意点としては、無添加の石鹸シャンプーでも万人の髪質に有っているとは断言できません。他にも肌質との相性もあるので、思い切ったことをする前に事前に自分の肌に合っているかどうかというのは各人のご判断で十分に吟味してください。

    次記事>石鹸シャンプーで洗髪するには