学生の制服のブランドとクオリティーの差について説明する。学生服リボンタイ
男女とわず中学生や高校生が学校に通う服装は指定制服のところが多い。ブレザー型が主流で、次いで詰襟・セーラー服等だ。
これらのメーカーは、『トンボ』や『カンコー』といったメーカーが一般的だ。繊維から、縫製まで多分一環して製造していると思う。
最近バリエーションが多い小物などから、衣類にまで拡大してきた中小ブランドの製品を見かけるが、粗悪なものが多い。

スポンサード リンク

メジャーなメーカー

トンボカンコーというメーカー。生地から裁断・縫製まで一貫して工場で製造している。生地を他メーカーが利用しているような印象もweb上では記載が見受けられるが真相はわからない。セーラー服から学ラン、ブレザー、チェックの生地など。知らないだけでも結構ある。
大量に製造している規格のものは価格は安くなってきている印象。

中小メーカー

大手とことなり、中小のメーカーも存在する。地域単位で製造しているような事例も存在している印象がある。
その他のブランドが製造しているものは、都度工場に発注していると思うのが殆どなので、デザインや仕様が変更される頻度は高い。
小さなメーカーとしては学生服としても利用可能と謳っているメーカーでCONOMiなどの製品はわりとペライ。このあたりになると中国産などになってくる。
大手メーカーと比較するとその質は価格が安いので必然かとも感じるが、劣る。

小物

リボンやタイなどは、どこが作っているのか分からない物が多いが、雑貨屋で販売されているようなものは比較的ペライモノが多い。シャツ・ブラウスなども差は外見ではきづきにくいが、かっちりした生地のものと薄手のものとでは、耐久性が異なる。

コスプレ

コスプレ品は生地も縫製も粗悪。これがクオリティーが上がることは無いし、多分クオリティーよりも、価格の安さとネタ的な要素が求められているので品質は上がらない理由だと感じる

お勧め記事