三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードサービスがある。

サービス開始は2014年だったとおもう。
それ以前には、携帯電話向けで家族向けの銀行口座サービス(複数人で使えるサービス)など
意味不明なサービスを展開していたが、
やっとこさまともなサービス提供開始してくれたという感じである。

スポンサード リンク

三菱東京UFJ銀行のVISAカードのメリット

メリットは年間10万円以上の利用があれば年会費が無料とのことだ。
このあたり競合するサービスだと、
楽天銀行のデビットカードは、有料なので、差が大きい。

三菱東京UFJ銀行のVISAカードのデメリット

三菱東京UFJ銀行のデメリットは時間外手数料が掛かること。
以前までは月に数回無料回数がついていたが、
最近では、銀行ATMは営業中なら時間外でも入出金手数料無料等という仕組みに変更されたため、
コンビニで入金すると割高なので困る。
近くに三菱東京UFJのATMがあれば利便性は高いのですが、
この辺りは済んでいるエリアで差が出てしまう。

他行のサービスのメリット

この点楽天銀行のデビットカードだと、入金は3万円以上の入金なら24時間手数料が無料ということがメリットだろう。
(3万円未満の入金は手数料が掛かりますが。)ついでに楽天ポイントも溜まる。
どちらが利便性が高いかは、個々人の生活スタイルに左右されてしまう。
古参だとスルガ銀行や
2016年時点では、その他の銀行もデビットカードサービスは数多く展開してきているので特色は吟味したい。
VISAのプリペイドカードVプリカといったサービスも最近では出てきているので、何がなんでも銀行のVISAデビットを使う必要がかならずあるわけでも無いのですけどね。

広告

三井住友トラスト・カード