生活保護者はクレジットカードを利用できない?というテーマが度々話題になる。
VISA Card
実際にどうなっているのかを紹介する。

スポンサード リンク

生活保護の法律

生活保護に関する法律で、借金は禁止されている。
記憶違いでなければ借金があると、
生活保護費を借金に充てることから、
借金がある状態で生活保護を受けることも出来ない筈だ。
借金がある場合は、先に自己破産を進められる。
クレジットカードは月末にまとめて支払う仕組みであることから
一時的に借金になっていると考えることが出来る為
生活保護中だとクレジットカードの利用は出来ないと解釈されることが多いようだ。

生活保護中はクレジットカードを作れない?

生活保護を受けている人がクレジットカードを作ることが出来るのか出来ないのか?ということに関しても
不明だ。クレジットカード会社の判断になると思われるため、基準が不明確である。
例えば毎月労働収入がありつつも、最低賃金のフルタイム労働に満たない普通の生活の人も居ると考えられるため、そういう事例で生活保護を受けていることから、クレジットカードが必ず作れないという解釈は成り立たない筈だ。
月収が低くともクレジットカードが作れるようなサービスであれば理屈の上は作成できる気がする。
自己破産するとクレジットカードは作れない

クレジットカード支払いというと、プロパイダ料金

クレジットカードがないと契約することが出来ないインターネットのプロパイダサービスは多い。
特定の光回線の契約やWiMAXの契約などもクレジットカード登録が必須なことが多い。
パソコンの保有は生活保護中でも就労機会が減る可能性があったりすることから保有は認められているのですが
クレジットカードがないと契約や支払いが出来ないサービスを利用を解約しろというのは不条理だ。
しかしこれも地域の福祉事務所やケースワーカーで判断は異なるとのこと。
最初に解約を促されたらしたがうほか無いのだろう。

デビットカード

ISPの支払いには使えないのですが、ネットショッピングで利用する程度の目的であればデビットカードで子とたりる。
VISAデビットカードであれば、普通にコンビニエンスストアなどでVISAクレジットカードで支払いが可能な店舗では同等に使える。
ただし、デビットカードで毎月支払いの引落としでクレジットカード決済と同等に使うことは出来ない。
これは電子マネー的な扱いのプリペイドのVisaサービスでも同様だ。
VISAのプリペイドカードVプリカ
クレジットカードが持てないと現代社会では最低限の文化的な生活と言い切れるのかどうかは疑問だ。

  • 楽天市場のクレジットカード
  • デビットカードのデメリット

    デビットカードのデメリットは固定回線の支払いやモバイル通信費の引き落としクレジットカードとして使用できないことだ。
    このため銀行引き落としが利用できないサービスなどではデビットカードは役に立たない。
    このことはデポジット式のVISAサービスでも同様なのでこの点だけは本物のクレジットカードに劣る。