高校生が通販で品物を購入する場合の疑問点の紹介。

スポンサード リンク

高校生が通販で服を買う場合

ネットショッピングが便利なりましたが、クレジットカードを持っている高校生はいないと思います。
ネットで通販はるには、なにかとクレジット決済の方が手数料がかからないため利点は多いものです。
後払いだと、手数料が200円少しかかるのでデメリットは大きいです。

最近では世帯向けのデビットカードサービスもでてきていますが
チャージ式のVプリカ(ネット専用Visaプリペイドカード)のようなサービスでもクレジットカード代わりの決済手段として用いることは可能です。

Amazonで『 服&ファッション小物 : “高校生”』を検索してみる。


I/513a8sV3eFL._SL500_.jpg” alt=”35歳の高校生 DVD-BOX” align=”right” border=”0″ />

35歳の高校生 DVD-BOX

  • メーカー: バップ
  • 出版社: バップ
  • 発行日:2013-09-25
  • 35歳の高校生 DVD-BOX

    ポイントで購入可能なパターン

    Amazonと楽天市場はコンビニで
    楽天ポイントやAmazonギフトカードを購入すれば、ECサイトで直接衣類だけで無く、あらゆるものが購入可能です(一部高額な製品はクレジットケッ意のみだったりしますが、1回の決済で100万超という場合なので普通は気にしなくて良い範囲です)。
    額面も3000円 5000円 1万円と、大抵のコンビニエンスストアで購入可能ですので、クレジットカードや銀行口座がなくとも、高校生にも大手通販サイトで買い物を行うことは可能です。
    服や靴などは実際に届いたものがサイズ違いで返品をやむなく行うことが多いため、Amazonなどのように返品無料な通販サイトが無難だと考えられます。
    Amazonギフト券

    返金処理

    Amazonの場合返金処理は、アカウントに支払い方法と同様の返金がされるため、Amazonギフトカードで購入した時には、返金はそのギフトカードのポイントに紐づいたアカウントに対してポイントがそのまま返金処理されます。
    楽天も同様にポイントが変換されると思われますが、店舗毎に対応が異なる可能性もあるため一概には断言できない所が不安要素でしょうか。