FX口座だけは、どこのサイトもいまいちだ。

アフィリエイト報酬欲しさなのか明らかに無理がある主張が展開されている。
個人的には、日本国内のFX業者はメタトレードやシステムトレードへの対応後手で、さらに、スリッページが多々出たりとあまり良いイメージが無い。
明らかに悪いスプレットで決済しているとしか思えないことが多々あったのであまり日本国内のFX業者を推し進める人が引用できない。

お勧めのFX口座

マネーパートナーズ。
ひとまず日本国内のFX口座で1つだけ勧めることができるとしたらここだろう。

高レバレッジやデイトレ以内のスキャルピングなどを行わなければここで十分。高機能さえ追求しなけばマネーパートナーズのFXサービスで事足りる。

もしもデイトレードがしたいとかスキャルピング、システムトレードがしたいということであればここの業者では無理だが、スリッページの心配やスプレットが極端に開く事は無いのでマネーパートナーズの方が顧客の利に適っているFX業者だと思う。

日本の事情

サイバーエージェントFXをYahooJAPANが買収したり、
GMOグループのクリック証券に
DMM.COMなど IT企業が軒を連ねている日本のFX事情ですが、IT企業の割にはシステムトレードなどには特化したサービスを提供していないのが腹立たしいところ。
多分大手のFX業者も含め日本の金融サービスは世界でぬきんでる事は今後絶対に無いだろうなと感じるばかりなのでした。
こりゃぁインターネットの世界でアメリカのサービスが跋扈してる中で
日本の中から何億人も抱えるサービスが出てこないのと似ていると感じる。
(LINEは韓国資本なので日本のサービスでは無い。)
ソフトバンクが携帯電話事業でアメリカの会社を買収していたりするが、金融やIT事業ももうちっと活気付いてほしいものだ。

最近

2014年現在FXの後でバイナリーオプションなどのサービスが出てきたりしたものの、どうしても日本のFXサービスはいまいち。GMOもDMMもサイバーエジェントFXも、パッとしない。(テクニカルチャートなどの面でも)
ある種FXの人気は下降ぎみな感じがつよい。
ただFX=為替なので世界のマーケットがしぼむ事はないので、別に日本の口座が魅力がないのなら海外口座でチャレンジする方法を模索してみたいものだと感じる。