FXは、口座によっては、数千円単位(数百通貨単位)で為替取引が可能なサービスもあります。

小額で始めることが可能な金融サービスではありますが、
そもそもFXとはどういうサービスなのかをここでは紹介します。

スポンサード リンク

FX(エフエックス)とは、外国為替証拠金取引のことです。

FX=Foreign eXchange 為替の意味で 直訳すると 外国為替、為替取引です。

為替は、100円で1米$を購入して、101円になったら売却すると1円の利益が出るようなものです。
ここまでは比較的容易に理解できると思います。

では、
普通の為替取引と、サービスとしての、FXでは何が違うのでしょうか?

FXは、1998年に日本国内では開始された金融サービスの一つです。
なぜこの、FX エフエックスが最近(2005年以降頃から)活発になってきたのか?
FXのサービスに関しては、日本よりもアメリカ等のほうが歴史は古いです。

普通の為替取引と違う所は、
預け入れしたお金(証拠金)を レバレッジ(テコの意味)をかけて運用できることです。
レバレッジをかけることにより、
元のお金をそのまま取引するよりも、利益を一層狙うこともできますがその反面リスクも同様に高くなります。

取引の際の、リスク管理が最も重要になってきます。

国内では、株式投資のブームの後に引き続くようにFX投資が盛んになった印象があります。
為替でマーケットは、インターバンクで取引しているので24時間365日値動きがあります。

株式投資や先物投資に比べると流動性が高く、値幅もよく動く為、 「利益を狙える機会が多い事が特徴」、FX投資が盛んになったと思います。

FXの取引の形式

売買損益を狙う取引とスワップ金利(2国間の金利差益)を狙う取引方法が一般的。

  • 売買損益
  • 100円でアメリカドルを買う(ポジションを立てる) → 101円でアメリカドルを売る(決済) 1円分の利益

    アメリカドル1万通貨の単位で売買していると 1万円利益が出ます。

  • 金利
  • 政策金利で金利は年間の間変動します。
    FX業者によっても若干受け取ることができる金利差益の額も違います。

    FXの取引方法

    FX取引を始める場合 FX業者のFX口座を開設することが必要です。
    FX業者といっても、

  • FX業者 (FX専門の金融取引業者)
  • 証券会社
  • 銀行などの金融機関(eバンク・ソニー銀行等)
  • 等など、色々な形で口座開設することが可能です。

    インターネットから口座申し込み可能です。

    個人情報の入力→本人確認書類の発送。

    審査に問題なければ、FX取引IDとパスワードが発行されて、インターネット上からFX口座にログインして取引が可能になります。

    通常の為替取引や、外貨預金と違うところは、レバレッジがかけれる点。

    レバレッジとはテコの原理で、何倍もの金額の通貨を取引可能にできるようしたシステムで、株式取引を行ったことがある人は、信用取引を想像してもらえれば理解しやすいと思います。

    FX(エフエックス)では、通常の資金よりも何十倍もの資金を運用して複利を得ることができたり、差益を狙うことが可能なサービスなのです。
    レバレッジをかけることで数百倍の、(2011年8月から最大25倍までになります)
    資金額を運用することが可能ですので、その分利益を狙えるチャンスが多くなります。

    ただし、狙った方向と逆に動くと同様に掛け金のレバッジをかけて運用していた金額の損失が発生してしまう危険性もあります。
    急激な為替変動だと、予期できない損失を含んでしまう可能性もあります。

    どちらにしてもレバレッジの管理さえきちんと理解してコントロールできていれば、比較的どの投資商品よりも始めやすく解りやすい金融投資だと思います。
    公開日時: 2009年4月25日

    種銭

    投資する為の資金(証拠金)が必要。

    株式の購入は単元株が数百・数千の銘柄が多いため、1株2000円でも100倍-1000倍まとめて買わないといけない。
    2000円×100株だと20万円必要だ。
    信用取引やミニ株などのサービスで、低い資金からでも運用は可能。

    為替は1万通貨単位が基本だが 1通貨アメリカドルだと120円だと仮定すると、100円=120円で、1万通貨(ドル)買うには120万円必要だ。

    FXではレバレッジがかけることができる。最近は25倍なので、5万円程度あればレバレッジ前回で1万通貨の運用はできる。
    レバレッジをかけなくとも1000通貨の取引や、他の外貨を選択すれば証拠金は低額から取引可能。

    どちらにしても10万円程度から運用開始は可能だ。
    (厳密にはもっと低い額柄でも運用はできる)
    国内株式は手数料が高いが、為替取引は数銭単位で1回の取引でも株式よりも低いことが多くデイトレなどでも利益を獲得しやすい。

    オフラインの投資

    現実で資産運用するには莫大な金額が居る。
    スタンダートなところだとマンションなどの不動産運用だが、最初に建物を購入する資金が大きくかかり、
    運用においても客が入らない建物・立地だと、収益が見込めない。
    大体30年程度で資産の価値は暴落する。
    外的な環境にも左右されやすいため、
    リスクが万一発生しても損切りしにくい。

    これらの点はインターネットを用いた金融商品の方がリスクは圧倒的に少ない。
    株式は日本国内の取引がメインであり取引量がすくなく流動性は国際的な通貨などの取引よりも圧倒的に劣る。
    為替や先物などの方がこの点では流動性も高い。

    変化する相場と情勢

    追記:2013年度
    2013/05/31 現在、FXの市場は、何故か縮んでしまった感が有る。
    2006年ライブドア・ショックが 日本国内の株式市場が揺れた
    2008年がサブプライムローン問題
    2009年に、リーマンショック
    2011年度に 東日本大震災
    2011年の終盤にはギリシャ経済の不振
    2012年9月には、中国がデモを起こしたりで、経済事情はてんてこ舞いだったりした。

    これらの中日本では民主党政権が出来たり、2012年度末に、自民党に政権与党の座が戻ったりで日本国内では様々なFXの取引で損失を蒙ったひとがいるんだろうなと思う。レバレッジ規制が当初、存在していなくて200倍とか400倍といったサービスもあったものが、今では20倍~25倍程度が個人の取引では国内においては制限されている。
    たかだか数年で、サービスがここまでも委縮するとは当初は思っていなかったので残念の極みである。一つ言えることは投資をする際にはレバレッジの管理が出来ない人は、レバレッジをかけた取引はすべきでは無いということだろう。